ウィリアムズの2010年10月のF1情報を一覧表示します。

フランク・ウィリアムズ 「ヒュルケンベルグはチャンピオンになれる」

2010年10月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ウィリアムズのシートを失うかもしれないとの推測が続いているニコ・ヒュルケンベルグだが、ウィリアムズのチーム代表フランク・ウィリアムズは、最近のヒュルケンベルグのパフォーマンスを称賛。ウィリアムズでタイトルを獲得するのを見たいと述べた。

パストール・マルドナドがウィリアムズの若手ドライバーテストに参加するというニュースにより、ニコ・ヒュルケンベルグがシートを失うとの憶測は高まっている。

ルーベンス・バリチェロ 「ウィリアムズに残留できることを願っている」

2010年10月29日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2011年もウィリアムズに残留できることを願っていることを明らかにした。

ウィリアムズは、スポンサー状況の悪化により、2011年はベネズエラの石油企業PDVSAの支援により1,500万ドル(約12億円)を持ち込むパストール・マルドナドを起用するとみられている。

当初、パストール・マルドナドの起用によって放出されるドライバーは、ニコ・ヒュルケンベルグだとされてきたが、ここにきてルーベンス・バリチェロがシートを失う可能性があると報じられている。

ルーベンス・バリチェロ、2010年末で引退の可能性も

2010年10月29日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、まだ2011年のウィリアムズのシートを確保できておらず、そのまま引退になる可能性があると報じられている。

ウィリアムズは、大きなスポンサー資金を持ち込めるパストール・マルドナドと契約するとされており、ニコ・ヒュルケンベルグはシート喪失を心配していることを認めている。

しかし、 Auto Motor und Sport によると、ウィリアムズは冬になるまでニコ・ヒュルケンベルグだけでなく、ルーベンス・バリチェロの契約についても発表するつもりはないとしている。

バルテリ・ボッタス、アブダビ若手テスト不参加を受け入れる

2010年10月27日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、ウィリアムズが11月のアブダビ若手ドライバーテストに彼を起用しなかったことを受け入れていると語る。

バルテリ・ボッタスは、今季ウィリアムズのテスト兼リザーブドライバーを務めており、2011年もその役割を継続することが決定している。

2010年序盤、ボッタスは今年何度かFW32で空力テストを行い「シーズン後のアブダビでの若手ドライバーテストに参加するだろう」と述べていた。

ウィリアムズ、ヒスパニア・レーシングへの技術供給を否定せず

2010年10月26日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2011年にヒスパニア・レーシングにギアボックスとハイドロリックシステムを販売するとの報道を否定していない。

ウィリアムズは他チームから技術供給に関する「問い合わせ」があったことを認めており、今週末の韓国ではヒスパニア・レーシングが2011年からウィリアムズのギアボックスとハイドロリックシステムを使用すると報じられていた。

ウィリアムズ、パストール・マルドナドをアブダビ若手テストに起用

2010年10月25日
パストール・マルドナド
ウィリアムズは、パストール・マルドナドをシーズン後にアブダビで行われる若手ドライバーテストに起用することを発表した。

今年のGP2チャンピンであるパストール・マルドナドは、11月16〜17日に行われる若手ドライバーテストでF2チャンピオンであるディーン・ストーンマンとともにウィリアムズ FW32を走らせる。

パストール・マルドナドは、過去2004年にもミナルディのテストでF1マシンを走らせている。

バルテリ・ボッタス、2011年もウィリアムズのテストドライバーを継続

2010年10月25日
バルテリ・ボッタス
ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスが2011年も引き続きチームのテストドライバーを務めることを発表した。

フィンランド人ドライバーであるバルテリ・ボッタスは、今年のF3ユーロシリーズに参戦して3位を獲得。F3マスターズでは2年連続で優勝を果たした。

「バルテリは、今年のF3ユーロシリーズで3位を獲得するために懸命に戦い、2度の優勝と6度の表彰台を獲得し、非常に競争力のある一年を送った」

ウィリアムズ:苦しみながらもダブル入賞 (F1韓国GP)

2010年10月24日
ウィリアムズ F1韓国GP
ウィリアムズは、F1韓国GPの決勝レースで、ルーベンス・バリチェロが7位、ニコ・ヒュルケンベルグが10位だった

ルーベンス・バリチェロ (7位)
「タフなレースだったけど、今日の僕たちは競争力があった。セーフティカーのタイミングはラッキーだったし、最後の段階までは良いポジションを走っていた。残念ながら、残り5周でタイヤが終わってしまい、最終に2つポジションを失ってしまった。今日はとても難しいレースだったので、レースを完了できたことに満足している」

ウィリアムズ:バリチェロがQ3進出 (F1韓国GP予選)

2010年10月23日
ウィリアムズ F1韓国GP 予選
ウィリアムズは、F1韓国GPの予選で、ルーベンス・バリチェロが10番手、ニコ・ヒュルケンベルグが11番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (10番手)
「スピリットが非常に高かったという点では素晴らしい予選だった。コンマ4秒縮めればQ3に進めるとわかっていた。良いラップができたし、差をつけることができたので嬉しく思っている。僕たちはまだトップ10のテールエンドにいる。予想していたほど競争力はないようだけど、それが僕たちのいる場所だ。トラックはかなり滑りやすいのでレースでは多くのことが起こると予想しているし、そこから多くのポイントを掴めることを期待している」
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム