ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、2010年のレースシートをまだ諦めていない。

ジャック・ヴィルヌーヴはステファンGPと契約目前だったが、チームはFIAから公式エントリーを得ることができなかった。

しかし、ジャック・ヴィルヌーヴはF1復帰をまだ諦めてはいない。

「ずっと言ってきたことだけど、僕のプライオリティーは、新人ドライバーが十分に速くなかったり、ペイドライバーの誰かが約束していた予算を持ち込めなかったときに備えることだ」とヴィルヌーヴはフランスのRue Frontenacにコメント。

ヴィルヌーヴは、トヨタが設計したF1マシンを持つステファンGPがエントリーを得られなかったことに落胆したことを認める。

「でも、シーズンの開幕まで時間がなかったので大きな驚きではない」

「良いクルマという印象があったし、ステファノビッチ氏と彼のチームは、エンジニアリングのタスクを理解した真剣な人たちだった」

「土台はあったけど、スケジュールはあまりにタイトだった」

「ポジティブなことは、アーウィン・ゴルナーとトレーニングを進めなければならなかったということだね。苦労したけど、これまでよりも良いと感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ