ジャック・ヴィルヌーヴ、フェラーリF1アカデミーの有用性を疑問視
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの有用性に疑問を投げかけ、所属している大部分のドライバーが受けてきた財政的な支援を考えれば、それがなくても自分たちで今の位置まで到達することができたと主張する。

過去数年間、フェラーリはドライバー・アカデミーを通じて若い才能をサポート・指導しており、そこからシャルル・ルクレール、アントニオ・ジョビナッツィがF1に昇格している。

そして、今シーズンはミック・シューマッハが3人目の卒業生としてハースからF1デビューを果たす。

しかし、ジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリの育成ドライバーの大部分はフェラーリのメンターシッププログラムの恩恵がなくても、自分たちでそれを成し遂げることができると主張する。

「ルクレールを除けば、アカデミーに加入したとき、誰もがお金を持っていた」とジャック・ヴィルヌーヴは Sky Italia に語った。

「ルクレールはアカデミーに加入したとき、資金を整えていなかった唯一の人だった」

「しかし、他の人たちは全員がかなりの予算を持っていて、それに助けられている。もちろん、それでも自分自身で成し遂げなければならないが、フェラーリがなくても、そういったは今日いる場所にいられるだろう」

現在、フェラーリのアカデミードライバーには、カラム・アイロット、ロバート・シュワルツマン、マーカス・アームストロングといった若手有保株がおり、20歳のアーサー・ルクレールも人材プールに追加された。

ジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハに関しては、その有名な姓によって、仲間のFDAメンバーとは異なる特別なケースだと考えている。

「もちろん、ミックは彼の名前のために近年多くのプレッシャーにさらされている」と同じ二世ドライバーとして有名な名前によって生み出される期待に応えることがどのようなものかを分かっているジャックヴィルヌーヴは語る。

「彼は確かにそのプレッシャーを感じていたし、それから学ぶことができた。それはアカデミーの他の人たちと比べて大きな違いだ」

「有名な名前は部分的には役に立つが、多くのプレッシャーを与える。人々はすぐに結果を見たいと思う。そして、メディアからの扱われ方も簡単ではない。父親について多くの質問を受ける」

「例えば、良い結果が出した後、誰に感謝したいのかと聞かれるときなど、答えるのは難しい」

「彼らは父に感謝しているといったような答えを聞きたがっている。だが、それはミックのような人にとっては難しい質問だ」

関連:F1特集:角田裕毅が語るホンダとレッドブルのドライバー育成プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / フェラーリ