セバスチャン・ベッテル、マンセルのウィリアムズFW14Bをカーボンニュートラル燃料で運転 / F1イギリスGP
セバスチャン・ベッテルは、カーボンニュートラル燃料を使用して、F1イギリスGPの日曜日の朝にシルバーストンでナイジェル・マンセルが1992年にF1チャンピオンシップを獲得した象徴的な“レッド5”のウィリアムズFW14Bをドライブする。

木曜日、セバスチャン・ベッテルは、カーボンニュートラル燃料によってウィリアムズFW14Bの走らせ方に「違いはない」と語り、歴史的な車をより環境に優しい方法で走らせることが「これらの車と歴史を生き続ける」ために重要であると信じると述べた。

「たくさんの楽しみを期待している。素晴らしい車であり、車の歴史と音の響きも素晴らしいと思うので、人々がその楽しみを共有できることを願っている。楽しみにしている」

「実際の燃料に関しては、燃料を見つけるのに少し手間がかかったけど、一度見つけたら、実際には非常に簡単で、乗りこなすのに1回のシェイクダウンしかからなかった」

「日曜日にそれを見ることができると思う。30年前の車と何ら変わりはない。まったく同じように聞こえ、同じように走る。2~3周以内に完全に限界まで到達させるつもりはないけど、楽しむつもりだ。快適に感じくらい速く走らせるつもりだ。自分の車だということを念頭に置けば、借りたばかりの車とは少し違うかもしれない」

「楽しいと思うよ。人々にデモンストレーションするのは素晴らしいことだと思う。モータースポーツは僕たちの情熱であり、僕たちが育ったものだ。子供の頃に夢見ていた車は他のドライバーとは違うと思うけど、これからも責任を持って車と歴史を生かしていく方法を見つけることが大切だ」

「結局のところ、音楽や芸術など、文化はさまざまな方法で表現できるけど、ボk達の表現方法は車の運転やレーシングカーであり、それがすべてなくなるとしたら残念だ」

「それは生き続けるための方法だと思うし、楽しみにしている。F1は2026年にその方向に向かっているし、もっと早くなるかもしれない。でも、それは多くの理由でそうなっている。すべてをまとめて楽しんでもらうのに最適な方法だと思う」

セバスチャン・ベッテルは、このイニシアチブは彼のアイデアであり、チャンピオンシップとF1イギリスGPの両方で優勝した車の30周年を祝いたいと述べた。

セバスチャン・ベッテルは、2019年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでボナムズのオークションハウスから販売されたウィリアムズFW14Bのシャーシ08を購入者のプレミアムを含めて270万ポンド(約4億4500万円)で購入した。

ウィリアムズFW14B シャーシ08は、1992年のF1世界選手権の16戦のうち13戦で使用され、7回のポールポジションを獲得した。

「僕のアイデアだ。僕の車なんだ。数年前に車を購入した。4年前だったと思う。レッド5は、1992年のレッド5が付いた車であり、ちょうど30年前の車だ」

「もちろん、僕は自分の車に5番をつけてきた。僕はレッド5で最初のチャンピオンシップを獲得した。当時の車ではもう少し小さかったけど、それでも5番だった。カートでも5番をつけていたし、今も5番をつけているので、そこにはリンクがある」

「1990年代初頭は、F1、あの車、そして、数年後の最初の思い出だと思う。僕のアイデアであり、僕のイニシアチブだ。チャンピオンシップを獲得してからちょうど30年後だし、30年前のイギリスGPでも優勝しているので素晴らしいアイデアだと思った」

「でも、責任ある方法でそれをしなければならないと思ったので、日曜日にカーボンニュートラル燃料を使用する。僕たちはモータースポーツの歴史と遺産と文化に固執することができるけど、より責任ある方法でそれを行うことができることを示すためにね」

「だから、初めて車を運転して、車の音を聞くのをとても楽しみにしている。多くの人がその喜びを僕と共有してくれると思います。」

ナイジェル・マンセンが走らせたシャーシは、最初の5ラウンドでポールポジションを獲得した。これは、コックピット内の5つの赤い星のステッカーでマークされている。

その後、マンセルはフロントローのスタートを南アフリカ、メキシコ、ブラジル、スペイン、サンマリノで5回連続のグランプリ優勝に変えた。この優勝には、5つのゴールドの星のステッカーでマークされている。

シーズン途中からシャーシ08はチームメイトのリカルド・パトレーゼに6ラウンド引き継がれた。 1992年のポルトガルGPで、パトレーゼがゲルハルト・ベルガーのマクラーレンの後部に追突して宙を舞った空中シャントでも有名なシャシーだ。

セバスチャン・ベッテル ウィリムズ・FW14セバスチャン・ベッテル F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ウィリアムズ / F1マシン / F1イギリスGP