セバスチャン・ベッテル、スポンサー都合でオイルサンド採掘非難ヘルメットを断念? / F1カナダGP
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、スポンサーの都合でセバスチャン・ベッテルのオイルサンド採掘を非難するヘルメットの着用を止めさせられたとの報道を否定している。

セバスチャン・ベッテルは、F1プラットフォームを使用してさまざまな環境問題に注意を向けており、モントリオールのレースウィークエンドではカナダのオイルサンド採掘をターゲットにした。

「アルバータ州で起こっていることは犯罪だと思う。たくさんの木を切り倒し、基本的には石油を抽出するためだけにその場所を破壊するからだ」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「そして、タールサンド、オイルサンドの採掘、採掘方方法は、自然にとって恐ろしいものだ。そして、カナダの温室効果ガス排出量も彼らがそれを始めてから明らかに増加している」

「今週末も特別なヘルメットを用意して、そういった事実を強調する。将来の世代、そして、彼らが保護するのに十分な年齢に達した後、僕たちが彼らの手に残す世界について考えることが重要だと思う。保護して、破壊しないのは公正なことだと思う」

だが、セバスチャン・ベッテルは、彼がレーシングドライバーであるだけでなく、アストンマーティンF1チームが世界最大の石油生産者の1つであるアラムコによって後援されているため、「偽善者」と呼ばれた。

カナダのエネルギー大臣であるソニア・サヴェージは、Titterでセバスチャン・ベッテルを批判。サウジアラムコがアストンマーティンF1チームを後援し、資金提供を受けているレーシングドライバーがオイルサンドを非難していることについて不満を述べた。

セバスチャン・ベッテルは、金曜日と日曜日にそのヘルメットを茶苦闘していたが、日曜日には伝統的なデザインに交換していた。

その決定について尋ねられたセバスチャン・ベッテルは「何も言いたくない。僕は複数のヘルメットを持っている」とセバスチャン・ベッテルはSky Sports F1にコメント。

アストンマーティンF1チームからそうするよう言われたのかと迫られたセバスチャン・ベッテルは答えることを拒否し、「他に何か質問はある?」と話題を変えた。

Auto Motor und Sportは、セバスチャン・ベッテルが別のヘルメットを使用している理由を尋ねるためにアストンマーティンF1のチーム代表であるマイケル・クラックにアプローチした。

「彼はこのトピックに注目を集めるためにヘルメットとTシャツを使用したかった。ある時点で、彼は注目を引っ込めることを決断した」

「彼は毎日同じTシャツは着ない」

「過去に、そのようなキャンペーンは主に金曜日と土曜日に行われたことをご存知だろう。しかし、もちろん、彼は自由に自分の決断を下すことができる。彼は自由人だ」

また、セバスチャン・ベッテルは、彼の偽善は「最低」としたカナダのエネルギー大臣ソニア・サベージのコメントについて尋ねられた。

「政治家が個人的なレベルで食ってかかってきたのは少し残念だ。なぜなら、それは僕に関するものではない。まったくね。全体像に関するものだからだ」

「そうだね、僕が生計を立てるためにやっている、もしくは好きなことをしている偽善者だ。僕たちはさまざまな情熱を持っている。ある意味でそれが僕がキャンバスをペイントする方法だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1カナダGP / アストンマーティン