セバスチャン・ベッテル 「ラスベガスよりバサーストでF1レースをしたい」
セバスチャン・ベッテルは、ラスベガスよりも、伝説的なバサースト1000 V8スーパーカーズレースの会場であるオーストラリアのマウント・パノラマ・サーキットでF1レースをしたいと明らかにした。

F1はヨーロッパ以外の地域でのグランプリを拡大し続けており、2023年には米国で3つのレースが開催される。テキサスのサーキット・オブ・ジ・アメリカズでのアメリカグランプリと並んで、今年はマイアミでグランプリを初開催。2023年にはF1は1982年以来となるラスベガスに向かう。

ラスベガスのサーキットにはストリップの一部が組み込まれ、街のネオン照明がイベントの背景となるようにレースは夜間に開催される予定となっている。

しかし、セバスチャン・ベッテルは、バサーストでレースをするためにオーストラリアのニューサウスウェールズ地域にトレッキングすることを強く望んでいると語る。

ただし、マウント・パノラマは、FIAのグレード1基準を満たすために多くのアップグレード作業を必要としている。これらの基準は、レース会場がグランプリを主催するための前提条件ですが、最新のFIAドキュメントによると、バサーストは現在グレード3にすぎない。そのFIAライセンスも、2021年8月の時点で期限切れになっている。

オーストラリアグランプリでのアストンマーティン・ファンフォーラムで地元の観客に語りかけたセバスチャン・ベッテルは、F1が伝説のサーキットを訪れてほしい理由を説明した。

ラスベガスについて質問されたセバスチャン・ベッテルは「僕はむしろバサーストに行きたいです!」語り、聴衆から大きな歓声を集めて微笑んだ。

「僕阿智がラスベガスに持っていく現金をすでに存在する素晴らしいトラックに投資してほしい。それは本当の挑戦だろう。トラックはモンスターだと思う」

セバスチャン・ベッテルはまだバサーストを走行したことがないが、それが彼のバケットリストにあることを明らかにした。

「行ったことがないけど、いつか行って体験したい」とセバスチャン・ベッテルは語った。

また、セバスチャン・ベッテルはラスベガスのファンではないことを明らかにし、ネバダに向かうF1についての意見を求められたときに微笑んだ。

「正直なところ、ラスベガスには行ったことがある」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「あまり好きではなかった。忙しすぎたし、人の振る舞いも悪いと思った」

「振る舞いに反対するつもりはないけど、行き過ぎてはいけない。ラスベガスは、もう面白いものがなくて、行き過ぎた人々にとってのホットスポットのようだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン / F1ラスベガスGP