セバスチャン・ベッテルは引退前にレッドブルF1に復帰して速さを示すべき?
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルはレッドブルF1に戻り、現在の彼がどれだけ速いかを人々に示すべきだと考えている。

2020年にフェラーリF1を去った4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2021年の大部分でパフォーマンスに欠けるアストンマーティンF1でミッドフィールドに留まることになった。

だが、F1アゼルバイジャンGPでは2位表彰台を獲得。また、F1ハンガリーGPでもレース後に失格にはなったものの、3位でチェッカーを受けた。昨シーズンのフェラーリ時代は表彰台は1回だけであり、シャルル・ルクレールに上回られたことでベッテルのペースには疑問が提起された。

セバスチャン・ベッテルは、過去にF1引退が頭を過ったことを認めているが、バーニー・エクレストンは、ベッテルは好きなときにF1を離れる権利があると考えている。

セバスチャン・ベッテルはいつ引退するべきかと質問されたバーニー・エクレストンは「彼がそのように感じたときだ」とSport1.deに語った。

「彼は引退しなければならないと言われるべきではない。彼は競争力のあるマシンに乗っていないので、どれほど速いかは分からない。そのため、彼が以前ほど速くないと言うのは簡単ではない」

「実際、彼はレッドブルに戻る必要がある」

53回のグランプリウィナーであるセバスチャン・ベッテルは、F1でより多くの成功を収めるために彼の中で「まだ火は燃えている」と述べているが、フェラーリにいるときよりも今は幸せに感じていると付け加えた。

しかし、F1史上最も成功したドライバーの1人であるセバスチャン・ベッテルは、F1を継続することを選択したが、フェラーリを離れてミッドフィールドチームであるアストンマーティンF1に移籍してまでF1を継続することが正しいことであるかどうかは疑問視された。

「もちろん、その意味を自問することもある」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「内なる意欲と野心をもはや感じず、メッセージを届けたり、銀行の残高を増やしたりするためにそれに固執するなら、まだそれを目成し、夢に生きている世代の裏切りになるだろう。・・・でも、まだ火は燃えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル / バーニー・エクレストン