セバスチャン・ベッテル、移籍後初のQ3「より自然になってきている」 / アストンマーティン F1ポルトガルGP 予選
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの予選を10番手で終えた。

今年チームを移籍してアストンマーティンのF1マシンへの適合に苦労しているセバスチャン・ベッテルだが、F1ポルトガルGPの予選では移籍後初めてチームメイトを上回ってQ3進出を果たした。

「あのようなセッションができて満足している。僕たちはトップ10内からスタートするし、ポイントを賭けた大きな戦いの真っ只中にいる」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「僕たちの前にはまだ多くのハードワークがあるけど、物事はしっくりし始めているし、より自然になってきている。それはドライビングにより集中することに役立っている」

「まだマシンについて学んでいるところだけど、今日はより快適に感じることができた。太陽は出kていたけど、コンディションはトリッキーだった。突風はまったく予測できなかったし、マシンがかなり軽く感じた」

「Q3の最後のラップはベストではなかった。風向きが再び変わって、結果としてタイムを失ってしまった。ミッドフィールドがここまでタイトだと犠牲が大きい。でも、全体的に僕にとってはベターなセッションだった。明日何ができるか見てみよう」

関連:F1ポルトガルGP 予選:ボッタスがPP獲得でメルセデスF1が1列目独占

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン / F1ポルトガルGP