アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテル、新型コロナのワクチン接種の機会を断る
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けられる機会を断ったと明かした。

新型コロナウイルスはF1界でも流行しており、セルジオ・ペレス、ランス・ストロール、ルイス・ハミルトンは昨年レース欠場を余儀なくされ、シャルル・ルクレール、ピエール・ガスリー、ランド・ノリスはプレシーズン中に感染した。

そのため、レッドブルの4名のドライバーを含め、複数のドライバーは新型コロナウイルスのワクチンを接種した。

しかし、4回のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、“原則の問題”を理由にワクチン接種を受けられる機会を断ったと語った。

「バーレーンでワクチン接種を受けるというオファーがあったけど、まだ自分の番ではないのでワクチン接種を控えさせてもらった」とセバスチャン・ベッテルは RTLnに語った。

「僕が使わなかったワクチンが他の誰にメリットをもたらすかどうかは分からないけど、僕にとっては原則の問題だ。ワクチン接種を希望する人はたくさんいる。多くの人が待っているか」

「若い人は年配の人ほど危険にさらされていないので、自分の番になったときに接種しようと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン