セバスチャン・ベッテル 「タイムを改善しようとしてクラッシュした」  / フェラーリ F1ロシアGP 予選
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPの予選Q2でクラッシュを喫して15番手で終えた。

「タイムを改善しようとしているときにクラッシュしてしまった。第1セクターが良くなかったのでプッシュしていた」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「スピードが速すぎたんだと思うし、マシンのコントロールを失ってしまった。ターン2ですでにそれは起こっていたし、その後のターン4でも再び起こっていた。衝撃を避けようとしたけど、間に合わなかった」

「午前中のセッションと比べて、予選では路面がかなり違っていたし、少し苦労していた。チームに余計な仕事をさせてしまって申し訳なく思っている。でも、少なくともマシンは修復できると思う」

関連:F1ロシアGP 予選:ハミルトンが5戦連続PP獲得!フェルスタッペン2番手!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1ロシアGP