セバスチャン・ベッテルにアストンマーティンF1が正式オファーとの報道
アストンマーティンF1が、2021年の契約についてセバスチャン・ベッテルと交渉を行っていると報じられている。ベッテルが加入した場合、チームを追われるのはセルジオ・ペレスだと伝えられている。

フェラーリF1は、今シーズン限りでセバスチャン・ベッテルがチームを離れることを発表。当初は双方の議論の結果だとしていたが、F1オーストリアGPの週末にベッテルはフェラーリF1からの一方的な戦力外通告だったことを明らかにしている。

Bild は、レーシング・ポイントF1のオーナーであるローレンス・ストロールが、セバスチャン・ベッテルに契約をオファーしたと報道。まもなく合意が発表されると伝えた。

チームはすでにセルジオ・ペレスと2022年末まで契約を結んでおり、ペレスはスポンサーをチームにもたらしている。また、ローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールのシートも長期にわたって安泰だと考えられている。

また、セバスチャン・ベッテルが市場に出て以来、レーシング・ポイントF1のチーム代表であるオトマー・サフナウアーは、チームにはベッテルの居場所はないと繰り返してきた。

「以前にも行ったように4回のワールドチャンピオンがチームに来てくれるならば誰にとっても嬉しいことだ。だが、我々は両方のドライバーと長期的な契約を結んでおり、居場所がないと考えるのは論理的だろう」とオトマー・サフナウアーはF1シュタイアーマルクGPの週末に語っていた。

セルジオ・ペレスは、当時フォース・インディアの破産プロセスに至った法的措置を起こし、チームを救済した立役者だった。そして、チームを引き継いだローレンス・ストロールとペレスのマネージャーであるジュリアン・ジェコビとは20年来の付き合いで関係はうまくいっていると考えられている。

しかし、情報筋によるとは、セルジオ・ペレスの契約には、チームが早期に変更を加えることを可能にする終了条項がある可能性があることを示唆している。

興味深いことに、レッドブル・ホンダF1のチーム代表であるクリスチャンホーナーは、先週末にセバスチャン・ベッテルの将来について尋ねられたとき、アストンマーティンF1加入の可能性をほのめかしていた。

「彼にはいくつかの選択肢があると思うが、私はレーシング・ポイント、もしくは1年離れて、その間オプションを再評価するかのいずれかだと思う」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1 に語った。

「ランスが解雇されるとは思わないだね。もちろん、チーム間のドライバーの契約だ。チーム内にどのようなものが存在するは決してわからない。それらを完全に見ているのは契約承認委員会だけだ」

「おそらく彼らにはオプションやブレークポイントなどがあると思うが、それは実際には我々のビジネスではありません。」

ローレンス・ストロールは、苦戦しているアストンマーティンを再建するという全体像において、チームをアストンマーティンF1としてリブランドし、ベッテルを獲得するチャンスは見過ごすことはでいないと判断したかもしれません。

また、ドイツ人のセバスチャン・ベッテルは、チームにアワーユニットとギアボックスを供給するメルセデスにも歓迎されるだろう。

最近、メルセデスF1ノチーム代表トト・ヴォルフはアストンマーティンの株式を取得し、元メルセデスAMGのCEOであるトビアス・ムーアがアストンマーティンの新CEOに就任。両社のDNAは混ざり合い続けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン