セバスチャン・ベッテル、今季限りでのフェラーリF1離脱を正式発表
セバスチャン・ベッテルとフェラーリF1は、2020年シーズン末で満了する現在の契約を延長しないことを決定したことを正式発表。今シーズン限りでのベッテルのフェラーリ離脱が確定した。

レッドブル時代に4回のF1ワールドチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルは2015年にフェラーリに移籍。しかし、マラネロにタイトルをもたらすという夢は実現しなかった。

昨年、フェラーリにはルーキーのシャルル・ルクレールが加入。ベテランのセバスチャン・ベッテルを成績面で上回り、2024年まで契約を延長。フェラーリの将来を背負うドライバーに選ばれていた。

セバスチャン・ベッテルは「僕のスクーデリア・フェラーリとの関係は2020年の終わりに終了する」とコメント。

「このスポーツで最高の結果を得るには、すべての関係者が完全に調和して働くことが不可欠だ。チームと僕は、今シーズンの終わりを超えて一緒にいたいという共通の欲求はもはやないことに気づいた。 この共同決定には金銭的問題は絡んでいない。僕が特定の選択をするときにそのような決断はしないし、今後もそうすることはないと思う」

「この数か月の間に起こったことは、僕たちの多くが人生において本当の優先事項は何かを考えるように導いた。自分の想像力を使い、変化した状況に新しいアプローチを採用する必要がある。僕自身、将来に向けて本当に重要なことを振り返るのに必要な時間をかけてきた」

「スクーデリア・フェラーリは、F1で特別な地位を占めている。最後に、フェラーリのファミリー全員、そして何よりも世界中の“ティフォシ”が長年にわたって僕に与えてくれたサポートに感謝したいと思う。当面の目標は、より美しい瞬間を一緒に共有して、これまでに楽しんだすべてに追加して、フェラーリでの長いスティントを終えることだ」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「これは我々自身とセバスチャンが共同で下した決定であり、双方が最善であると感じているものだ」とコメント。

「ドライバーとして、また人としてのセバスチャンの価値を考えれば、簡単に決定できることではなかった。この決定につながった特定の理由はなかったが、一般的で友好的な信念は別であり、それぞれの目的に到達するために別々の道を行く時が来た」

「セバスチャンはすでにスクーデリアの歴史の一部であり、彼の14回のグランプリでの勝利は彼がチームにとって3番目に成功したドライバーであると同時に、我々と最も多くのポイントを獲得したドライバーでもある。一緒に過ごした5年間で、彼はドライバーズチャンピオンシップを3回トップ3でフィニッシュしており、コンストラクター選手権での上位3つにチームが常に存在していることに大きく貢献してくれた」

「フェラーリの全員に代わって、セバスチャンのすばらしいプロフェッショナリズムと、この5年間に彼が示してきた人間の資質に感謝したいと思う。我々はまだ彼と一緒に世界タイトルを獲得することに成功しておらず、今年は彼にとって5シーズン目となるが、この異常な2020年シーズンからまだ多くを得ることができると信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ