F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ホームレースという特別なグランプリでマシントラブルに起こってしまったことに酷く落胆しているが、レースでは最善を尽くしたいと語る。

レースをリードしながら単独クラッシュによってリタイアを喫してから1年。セバスチャン・ベッテルハリベンジに燃えていた。しかし、予選でまさかのトラブルが起こる。

予選Q1の開始直後、セバスチャン・ベッテルは無線でパワー不足を訴えてガレージに戻ってしまう。エンジニアは問題を解決しようと努力したが、最終的にベッテルはマシンから降りてタイムを記録できずに予選敗退。最後尾からスタートすることになった後にベッテルの問題はターボへの気流だったことが確認されている。

「週末を通してマシンは本当に競争力があったので、今日の午後を楽しみにしていた。だから、間違いなく起こったことは本当に残念だ」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「昨日はクルマの感触が良かったし、今朝はさらに良かった。僕たちは1番手からスタートするチャンスがあったけど、今や最後尾からのスタートだ。もちろん、特に僕のホームレースでこんなにたくさんのファンの前で起こってしまったことに酷く落胆している。最悪の時に起こってしまった」

「それでもレースを楽しみにしているし、少なくともポイントを持ち帰ることを期待して、できるだけ多くの順位を上げるためにベストを尽くすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1ドイツGP