F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1中国GPにおけるチームオーダーへの質問にメディアへの不満をぶちまけた。

フェラーリは、F1中国GPの決勝レースで、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとの差を縮めるためにチームオーダーを発令。シャルル・ルクレールにセバスチャン・ベッテルを前に出すように指示した。

しかし、その計画は失敗に終わり、セバスチャン・ベッテルは3位のまま、シャルル・ルクレールはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにアンダーカットされて5位でレースをフィニッシュした。

レース後のFIA記者会見でチームオーダーについて質問されたセバスチャン・ベッテルは、頻繁に誤解を招くような報道を行うメディアを批判した。

「言い方を変えてみよう。それが起こった瞬間から僕はこのような質問に直面しなければならないことはわかっていた」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「答えたくはない。皆さん全員の仕事の仕方にはちょっと反対だからね。答えのいろんなところから抜き出して間違った書き方をするからね」

「パドックで30分後にもう一度質問されたら、素直に答えるかもしれない。皆さんはそれを書き留めたり、記録したりしないからね」

「全員ではないかもしれないけど、それが皆さんの仕事のやり方だ」

最終的にセバスチャン・ベッテルは、フェラーリからの呼びかけによってこの質問に向き合うことになった。

「自分の方が速いと関いていた。速く走ることができるかと聞かれ、できると感じていると答えた」

「クリーンエアに出たときは少し驚いた。サプライズとまではいかなかったけど、ラップをまとめるのに少し苦労していた」

「一旦リズムを見つけられれば差を縮められるだろうと考えていたけど、当然ながら、目的はメルセデスを捕えることだった。その時点ですでに明らかにギャップはかなり大きかった」

その後、シャルル・ルクレールとフェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットも参加した記者会見で、セバスチャン・ベッテルはその日の出来事を詳しく語りつつ、再びメディアを批判した。

「先週、または2週間前はシャルルの方が速かった。かなり率直に言ってね。バーレーンではもう少し簡単に抜くことができたかもしれない」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「でも、レースの後に気を悪くさせていることは、僕たちが3位と4位を終えられなかったことだと思う」

「当然ながら、僕はチャールズよりも前にいたいし、彼も僕よりも前にいたい。そういうものだ」

「僕はそれ以上拡張することに熱心ではない。それは常に少し難しいからね。特に皆さんが後から答えから出のは難しい。どうぞ、そのまま続けてください」

その後、セバスチャン・ベッテルには特に例外的なストーリーはなかったのかとの質問が飛んだ。

「そんなものはない。僕の観点から見れば、それは単に乏しいジャーナリズムだ。でも、僕はジャーナリストではない。個人的に判断するべきことではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ