F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール
フェラーリが2019年にキミ・ライコネンに代えてシャルル・ルクレールを起用するとの推測が強まる中、チームメイトとなるセバスチャン・ベッテルは、ルクレールはフェラーリ移籍を焦る必要はないと語った。

今年、ザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールは、競争力に劣るマシンで5度の入賞を果たしており、フェラーリが2019年にキミ・ライコネンを起用しないことを決断した場合、セバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリのドライバー候補に挙げられている。

そんな中、F1ドイツGPの木曜記者会見に出席したセバスチャン・ベッテルには2019年のチームメイトに関する質問が相次いだ。

セバスチャン・ベッテルは、キミ・ライコネンもシャルル・ルクレールのどちらもフェラーリにはうってつけのドライバーだと感じているが、シャルル・ルクレールに関してはすぐにフェラーリ移籍が実現しなくても焦る必要はないと述べた。

2019年もキミ・ライコネンがチームメイトであることを強く求めているかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「それを続けることができれば嬉しいだろうけど、それは僕が言及することでも、決定することでもない」とコメント。

「シャルルはどのみち素晴らしいキャリアを過ごすことになると思う。彼は素晴らしい男だ。彼は速いし、すべてを兼ね備えている。彼は焦る必要はない。彼はまだ若いからね。でも、若いときは常にいろんなことを焦ってしまうものだよね!」

「いつになるか、どのようになるか、最終的にチームメイトが誰になるかはわからない。でも、それは僕にとってはあまり問題ではない、僕に関しては来年どこにいるかははっきりしているし、彼ら二人ともチームに合っていると思うよ」

セバスチャン・ベッテルは、時にコース上で絡むことがあったとしても、キミ・ライコネンとパートナーとして仕事をすることには何の不満もないと方ある。

「僕はキミのことが好きだ。僕たちは仲がいいし、今まで何も問題はなかった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「コース上で彼と接触したり、彼にクラッシュしたことがあるのは覚えているけど、僕たちは物事の対処方法がとても似通っているし、とても簡単だ」

ホッケンハイムではシャルル・ルクレールにも、キミ・ライコネンの代役としてザウバーからフェラーリに移籍する噂についての質問が投げかけられた。

しかし、シャルル・ルクレールは、そのような推測が自分のパフォーマンスの妨げになることはないと語る。

「不思議なことに、そういう性格なのかどうかはわからないけど、あまり気を散らせることはない」とシャルル・ルクレールはコメント。

「もちろん、僕のフェラーリ移籍について記事になっているのを目にするのは常に嬉しいことだ。子供の頃から夢だからね」

「でも、その一方で、レース週末になって、気持ちをレースモードに切り替えたり、やらなければならない仕事に完全に集中するのはそれほど難しいことではない。現場にいるときは噂などについてはまったく考えていないのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ