セバスチャン・ベッテル
フェラーリはセバスチャン・ベッテルのギアボックスを交換することを決定。ベッテルにはF1ロシアGPで5グリッド降格ペナルティが科せられることになった。

セバスチャン・ベッテルのギアボックスは、F1中国GPでの1コーナーでのキミ・ライコネンとの接触でダメージを受けたとみられている。

ロシアでのプラクティスと調査の後、フェラーリはユニットを交換することを決定した。

セバスチャン・ベッテルにとってF1ロシアGP初日は難しい一日となった。FP2では30分を経過したところで電気系のトラブルでマシンがストップし、セッションに戻ることができなかった。

フェラーリは、3トークンを利用してF1ロシアGPで両マシンにアップグレード版のエンジンを投入している。

エンジンのパフォーマンスについてキミ・ライコネンは「良いと思わなければ使わないだろう」と語っている。

関連:
F1ロシアGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム
F1ロシアGP フリー走行1回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1ロシアGP