セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、残りの3戦でチームメイトのマーク・ウェバーがドライバーズランキング2位を獲得できるようサポートすることをほのめかした。

セバスチャン・ベッテルは、2011年のドライバーズタイトルを獲得し、ここまで10勝を挙げているが、マーク・ウェバーは今季まだ一勝もあげられていない。

F1韓国GP修了時点で、マーク・ウェバーはランキング4位につけており、3位のフェルナンド・アロンソとは3ポイント差、2位のジェンソン・バトンには13ポイント差をつけられている。

「今、マークはランキング2位に近いところにいる。残りのレースは彼にとってある意味厳しい戦いになるだろう」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「僕たちは先週末コンストラクターズタイトルを獲得した。チームにとって大きなことだし、ドライバーにとってもそうだ」

「残りは3戦だ。僕たちにとって、そしてチームにとっても最高の結果を出したい」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、残り3戦のチームの目標はマーク・ウェバーに優勝させ、ランキング2位の座を獲得させることだと語った。

「マークは我々のために重要な役割を果たしている。彼は優れたパフォーマンスを発揮し、コンストラクターズ選手権獲得のために我々をサポートしてくれた」

「彼は非常に力強いな一年を送った。彼にドライバーズ選手権2位を獲得させたい」

「それが残のシーズンにけける我々の目標だ。彼に優勝させ、いい形でシーズンを終わらせたい」

自分の優勝回数が少なくなったとしてもチームの方針に従うかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「もちろんだ」と答えた。

セバスチャン・ベッテル、ミルトン・キーンズのF1ファクトリーに凱旋



関連:F1-Gate.com YouTubeチャンネル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル