マックス・フェルスタッペン、ポルシェとアウディのF1参入を歓迎
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、フォルクスワーゲン・グループの2つのブランドであるポルシェとアウディのF1参入に近づいているというニュースを歓迎している。

フォルクスワーゲンは声明の中で、2026年にポルシェとアウディがエンジンメーカーとしてF1に産有するという計画が「最終評価段階」に到達したことを確認した。

ポルシェに関しては、レッドブルと連携する可能性が高い。現在、レッドブルは『レッドブル・パワートレインズ』という独自のエンジン部門を設立してい。

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、フォルクスワーゲンの関与は「F1にとって非常に重要」であり、「未来がもたらすものを楽しみにしている」と語った。

「F1にとっても非常にエキサイティングで非常に重要だと思う」とマックス・フェルスタッペンはSky Sports F1に語った。

「もちろん、僕たちには素晴らしいチームがあるけど、その背後に本当に素晴らしいブランドがいるのは本当に素晴らしいことだと思う。未来がもたらすものを楽しみにしている」

ポルシェとアウディがエンジン面に関与した場合、V6ターボハイブリッド時代の多くの期間、最強のパワーユニットを誇ってきたメルセデスF1のようなメーカーにとってはさらなる競争を意味する。

最近、FIA(国際自動車連盟)は、F1エンジンの開発凍結に先駆けて、メルセデス、フェラーリ、ルノー、レッドブルがすべて同じレベルのパワーユニットであることを確認している。

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、フォルクスワーゲンのF1への関心を長い間知っていたと述べ、2021年のタイトルライバルであるマックス・フェルスタッペンと同じように、彼らを歓迎すると述べた。

「ずっと前からそれについて知っていた。スポーツに新しいメーカーを迎えることは素晴らしいことだと思う」とルイス・ハミルトンは語った。

ルイス・ハミルトンは、特に、現在のカスタマーチームが独占的なエンジンサプライヤーとの独立を獲得するのを見るのを楽しみにしていると語る。

「特にトップチームになる可能性があるけど、カスタマーチームでいるチームがいくつかあるので、それは前進するのに素晴らしいことになると思う」とルイス・ハミルトンは付け加えた。

ランド・ノリスは、マクラーレンでのアウディからの明らかな関心に言及しましたが、両当事者は、契約に近づいていることを否定した。

「僕たちとレッドブルについては少し推測がある。なぜなら、それらはその瞬間に関与しようなチームだからだ」とランド・ノリスは語った。

「もちろん、より多くのメーカーが関わることになれば、それはF1にとって良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / フォルクスワーゲン / アウディ / ポルシェ