マックス・フェルスタッペン、開幕戦中止は「失望しているが正しい決定」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダのF1ドライバーを務めるマックス・フェルスタッペンが、F1オーストラリアGPの中止についてコメント。“失望したが正しい決定”だと語った。

マクラーレンが、F1チームスタッフが新型コロナウイルスに感染したことを受けて参戦を取りやめたきっかけに、論争になりながらも中止となったF1オーストラリアGP。金曜日にメルボルンからモナコに帰国したマックス・フェルスタッペンがコメントを発表した。

「2020年シーズンのスタートを楽しみにしていた。もちろん失望しているが、最終的にこれが正しい決定であったことを僕たち全員がが皆理解している」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「すべてのファンと関係者全員に申し訳なく思う。気を付けようね」

レッドブル・ホンダも、2020年のF1世界選手権の開幕戦のキャンセルになったことについて同様の言葉で語った。

「F1ファンの失望を共有しているが、チーム、ファン、メディア、サーキットスタッフの安全が絶対的な優先事項だ。我々の焦点は、すべての人員ができるだけ安全かつ迅速に帰国できるようにすることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストラリアGP