フェルスタッペン、スピンの際は「ウエットパッチに気付かなかった」 / F1バルセロナテスト2日目
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1バルセロナテスト2日目にターン5でスピンした際、ウェットパッチに気付かなかったと認める。

これまで5日間のテストで数回のスピンを喫していたマックス・フェルスタッペンだが、2日目の午前にターン5でスピンした際にはグラベルトラップから抜け出すことができず、赤旗の原因となった。

「白線に触れただけだけど、まだ少しウエットパッチだったんだと思う。でも、マシンからは見えなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、その後オンボードで確認した」

テスト5日目の濡れたコンディションにより、午前中はチームの走行が制限された。

「朝の天気は少し残念だった」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「でも、僕たちはすべてのものをテストし、マシンの理解を深めることができた。そして、今のところ、それについてはかなり満足している」

レッドブルは、1周目のテストではメルセデス以外の誰よりも多くのラップをカバーしてきたが、第2週はあまり走行距離を重ねることができてない。

だが、マックス・フェルスタッペンは、これは意図的なものだと語る。

「決して先週と同じくらい走ることが目標ではなかった」とマックス・フェルスタッペンは語る。「ロングランなどすべてをやったと思う。少し退屈なときもあった」

今週のチームの計画には、“パーツのチェック、時にはいくつかのことを試してみる”ことが含まれているとマックス・フェルスタッペンは語る。

「もちろん、うまくいかないものもある。でも、もちろん、マシンには非常に複雑なものもあるため、それに到達するには少し時間がかかる。それほど多くのラップを走らないことがあるのはそれが理由だ」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ/プレスリリース)
「あいにくの天候で思ったほど走行できませんでしたが、全体的にポジティブな一日でした。エアロレイクをつけて走行し、可能な限りのデータを収集することができ、すべてが順調でした。僕たちは日々改善を繰り返し、理解を深めていますが、それこそがテストの目的です。先週ほどの周回数を重ねることが目的ではありません。すでにロングランを重ねてきたので、今はパーツをチェックし、さまざまなことを試しています。これには時間がかかるので、周回数は減ってしまいますが、今日トライしたかったことはすべてクリアできたと思います。午前中のスピンについては動画を振り返りましたが、見えていなかった水たまりで滑ったようです。いずれにしても、少しプッシュしすぎたのかなと思います」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1