F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、F1ベルギーGPのレースを総括。スタートでの失速はホンダのF1エンジンに関連したものだと考えていると語った。

F1ベルギーGPのレース週末は、F2ドライバーのアントワーヌ・ユベールの悲劇的な事故死によって影を落とした。マックス・フェルスタッペンを含め、同世代のドライバーにとっては大きなショックを与える出来事だった。

「カート時代に彼とレースをしていた。彼は現実的な男でもあった。信じられなかった。クラッシュが発生したのをライブで見ていた。最近はレース週末でこの種のことはもう考えないようにしているけど、事故は一瞬で起こってしまう。アントワーヌにとって残念なことに最初のインパクトがすでに深刻だった。クルマはすでにひどく破損していたし、2度目の衝突で無傷で立ち去るのは非常に困難だった」

ドライバーとそのことについて話をしたかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「あまり話はしなかったけど、近くにいたピエール・ガスリーが目に涙をうかべて歩いているのを目にした。あのようなことが影響を与えないわけがない」と語った。

レースの危険性について考えなかったのかと質問されたマックス・フェルスタッペンは以下のように語る。

「インスタレーションラップ中に考えはしなかったけど、1周目にタイヤバリアでレースを終えたとき、『これが今日起こり得る最悪の出来事だとしたら、土曜日に起こったことと比較すればたいしたことではない」と思った。もちろん、注意する必要があるけど、恐れたことはない。そうでないのならば、クルマをトララックサイドに止めればいい」

マックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPでスタートに失敗し、順位を落とした。

「できる限り安定するために必要な特定な手順がある。僕はもうレッドブルで4年間それをやっているけど、今年はホイールスピンを安定させることに苦労している。すべてのエンジンに違いがある。大丈夫かどうかは常に謎だ。今年はかなり失敗しているし、何に取り組む必要があるかは十分にわかっている。現時点ではまだ安定させることができていない」

マックス・フェルスタッペンは、スタートの問題はドライバーに関係するものよりもホンダのパワーユニット自体にあると語る。

「シーズン全体を見れば、僕たちは昨年はスタートに関して2番目に優れたチームだった。その前の年もそうだったので、僕たちが突然良いスタートができなくなったとはあまり思っていない。クラッチの手順も同じだ。ミリ単位の話だし、それくらい正確なことだ。でも、それとは別にエンジンがインプットに対してどのように対応するかはまだ不明だ。遅延が発生する場合もあれば、そうでないときもある。クラッチをどれくらいアグレッシブに設定するかはチーム側でコントロールできる部分でもある。とにかく毎回同じ手順に従うことに集中する必要があるけど、それに関係することにも依存している」

スタートを練習する必要があるかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「テスト中に多くのことを試すことができるし、現在、ホンダはそこに忙しく取り組んでいる。彼らは改善する必要があることを見極めることができるけど、それには時間がかかる。エンジンのいくつかの特性に関係していることだからだ」と語った。

スタート直後の1コーナーでマックス・フェルスタッペンは、キミ・ライコネンと接触し、RB15のステアリングロッドが破損してタイヤバリアでレースを終えることになった。

もっと慎重にいくべきではなかったかとの質問されたマックス・フェルスタッペンは「良いスタートが切れていれば、問題はなかったはずだ」とコメント。

「後から考えれば、すべてが50/50だ。でも、すでに起こったことだし、変えることはできない。彼は僕が見えてなかったので、キミのことも自分自身も非難するつもりはない。そんな感じだ。クラッシュしたのは事実だし、前に進んでいく」

夏休みの前に、マックス・フェルスタッペンはF1ハンガリーGPでキャリアを初ポールポジションを獲得した。

「嬉しかったけど、僕はいつも重要なのは日曜日についてだと言っているし、結果は見ての通りだった。土曜日にポールを獲り、レースでは2位だった。むしろ、逆の方ほうがよかった。1番であることは常に素晴らしいことだけど、最終的には日曜日のレースが重要だ」

これまでのところ、マックス・フェルスタッペンは、ベルギーのでレースを除けば素晴らしいシーズンを過ごしている。2勝を含めて5回の表彰台を獲得し、ドライバーズ選手権で3位に位置している。

最高の瞬間と質問されたマックス・フェルスタッペンは「シーズン前半全体だ」と語る。

「ホッケンハイムでのレース中はミスをしないことは非常に困難でした。360スピンを除けば、レースは非常にうまくいった。オーストリアGPもスタート後は終わったと思っていた。最終的にはトップに到達できたけど、そのようなことはあまり頻繁には起こりらない。レース後、僕たちはお互いに信じられない思いだった。僕たちはとても競争力があった。もちろん、他のチームがその後どのような経験をしていたかを聞けば、それは多くのことを説明しているけど、全体的には素晴らしいレースだった」

今週末のイタリアGPでは、ホンダのスペック4投入によってグリッド降格ペナルティを受ける可能性が高い。

「まだ確定はしていないし、僕は何も知らない。後方からスタートする可能性はあるけど、何人かオーバーテイクしなければならないだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1