F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのF1ドライバーを務めるマックス・フェルスタッペンは、マラケシュで開始されたフォーミュラEのレースでの“社会貢献活動”は「僕にとって建設的なものだった」と語る。

昨年のF1ブラジルGPでは、周回遅れだったエステバン・オコンが、トップを走行していたマックス・フェルスタッペンに接触。レース後の計量時のオコンの対応に激高したフェルスタッペンは、数回にわたってオコンを突き飛ばした。

FIA(国際自動車連盟)はマックス・フェルスタッペンの行為に対して2日間の社会貢献活動という処分を下しており、その1日目として土曜日にモロッコ・マラケシュで開催されたフォーミュラEのレースで元F1ドライバーのヴィタントニオ・リウッツィとともに、FIAパネルのオブザーバーとしてドライバースチュワードとして働いた。

マックス・フェルスタッペンは、FIAの声明で「反対側からそれを見るのは興味深いことだった。通常、スチュワードと一日を過ごすことはできないからね!」とコメント。

「モータースポーツの週末には誰もが自分の仕事をこなしているし、このような重要な決定を下すためにはどのようなことが必要かを実際に確認できたのは良いことだった。決定は時に特定の人にとって良くないかもしれないけど、受け入れなければならないし、ルールに従わなければならない」

「クルマに座っているだけではなく、レースで様々なことを経験するのは良いことだと思う。ここに来て、このような仕事ができたことは僕にとって建設的なことだった」

フォーミュラEのパドックを初めて訪れたマックス・フェルスタッペンは“クールなシリーズ”だとその印象を語った。

「もちろん、テレビでフォーミュラEを少しフォローしていたけど、パドックに来たことはなかったし、本当に一日を楽しんだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「まず何より本当にエキサイティングなレースだった。チャンピオンシップは明らかに成長しているし、ここにはたくさんの自動車メーカーがいるので、クールなシリーズだと思う」

マックス・フェルスタッペンが、社会貢献活動の2日目としてどのような活動をするかはまだ明らかにはされていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | フォーミュラE