F1 マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンっは、今週末のレッドブルのF1マシンは70~80馬力を失っているような感覚だと語る。ラップタイムに換算すると1周あたり1秒にあたる。

レッドブルの2台はF1イギリスGPの予選を5位と6位で優勝。マックス・フェルスタッペンはトップから0.7秒遅れ、DRSのトラブルに見舞われたダニエル・リカルドは1.2秒差がついた。

「もし70~80馬力を失っていれば、苦労するだろうことはわかると思う」とマックス・フェルスタッペンは予選後にコメント。

「それに2017年のレギュレーション変更以降、クルマはいくつかのコーナーを全開で行けるようになっているし、ますます難しくなっている」

「大きな問題はほぼ全開のコーナーを通過するときだ。コーナーの立ち上がりで加速しても、エンジンが引っ張ってくれない」

「馬力がないことはご存じのとおりだ。それに全開でコーナーを走って、ステアリングによってスピードが落ち始めれると、さらに多くが失われる」

「ストレートで1秒失うと、難しい週末になるのはわかると思う。でも、実際にはクルマのパフォーマンスにはかなり満足している。それについては不満は何もない」

「どれくらい馬力が足りないかは正確な数字はわからないけど、ストレードで1秒以上失っていれば、それがかなりの量だと言うことわかるものだ」

「4年くらいこんな感じで走っているし、慣れるものだ。もちろん、望んではいないけど、仕方のないことだ」

チームメイトのダニエル・リカルドも馬力のなさを痛感していると語る。

「うまくやれそうなサーキットはまだいくつかあるけど、パワーサーキットではメルセデスとフェラーリは僕たちに対してかあんり良いバファーがある」とダニエル・リカルドはコメント。

「僕たちが一歩前進できても、彼らは1.5歩先にいってしまうような感じだ。僕たちは戦えるレベルにはいるけど、僕が言っている意味ではそこには達していない」

「ある意味、僕たちはそれに慣れているし、パワー面で彼らのペースを得られるとはあまり期待していない」

「今のところ、それがこのレギュレーションの現実だ。でも、少しでも近づければ嬉しいね」

マックス・フェルスタッペンは、パワー不足にとって先週末のF1オーストリアGPのように勝利を飾る可能性は低いと考えている。

「オーストリアGPでは予選後は最悪なフィーリングだったし、十分な速さがないと思っていたけど、レースで本当に良いペースがあったのはサプライズだった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「決してないとは言い切れないけど、繰り返すのは難しだろう。試してみるつもりではあるし、レースではもう少し強いはずだと思う」

「明日はまたとても暑くなりそうだし、そうなれば僕たちにとってうまくいくだろう」

関連:F1イギリスGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン