マックス・フェルスタッペン アメリカグランプリ レッドブル・レーシング
元F1ドライバーでF1アメリカグランプリでスチュワードを務めたミカ・サロは、決勝でマックス・フェルスタッペンにペナルティを科したことで殺害予告を受けたと明かした。

F1アメリカグランプリのスチュワードでは、オーストラリア人のギャリー・コネリーが責任者を務めていたが、ミカ・サロもマックス・フェルスタッペンのキミ・ライコネンの最終ラップでの追い抜きが違法であると決断したスチュワードの一員だった。

マックス・フェルスタッペンは表彰台を奪われた裁定に激怒していたが、F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブランはスチュワードの決定を支持している。

「罰は技術的に正しかった。ただ、厳しいものではあった」とロス・ブラウンは述べた。

F1ドライバーの中でも意見は割れており、ニコ・ヒュルケンベルグは、マックス・フェルスタッペンに同情すると述べている。

「1000分の1秒で決断するものだし、マックスの見解は理解できる。とにかく不運な状況だった」とニコ・ヒュルケンベルグは Sport1 に述べた。

だが、残念ながら、マックス・フェルスタッペンのファンのなかには怒りは抑えられない者もいるようだ。

F1アメリカグランプリでスチュワードを務めたミカ・サロは「特にオランダからいくつか殺害予告を受けた」と De Telegraaf にコメント。

「決して許されるべきことではない」

ロス・ブラウンは、F1が論争から学ぶことが重要だと述べた。

「塵が落ち着いた後、我々はFIAとチームと一緒にこの件を検討する必要がある」とロス・ブラウンはコメント。

「ブンデスリーガやイタリアのセリエAを含め、スポーツ全般の規制当局を助けるうえでテクノロジーは向上している」

「F1には優れたビデオ判定のために必要な全てのものが揃っている。正確かつ一貫した判定のために我々はそのテクノロジーを移行する方法を見つける必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | F1アメリカGP