F1 ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ 2018年のF1世界選手権
トロロッソ・ホンダは、2018年F1マシン『STR13』のシェイクダウン画像を公開した。

ホンダは昨シーズン限りでマクラーレンとのパートナーシップを解消。2018年のF1世界選手権からスクーデリア・トロ・ロッソにF1パワーユニットを供給する。

トロロッソ・ホンダは21日(水)にイタリアのミサノ・サーキットで2018年F1マシン『STR13』のシェイクダウンを実施。その模様はスクープされすでにスパイショットがオンラインで流出していた。

これを受け、トロロッソ・ホンダはより鮮明なSTR13のシェイクダウン画像を正式に公開した。ホンダは「人々が写真をリークしたので、我々はもっと良い写真をリークします」としている。

公開されたトロロッソ・ホンダ STR13は、昨年好評だったブルー&レッドのメタリックなカラーリングを纏っており、ノーズ先端にはホンダのロゴが搭載されている。

昨年マシンでは先端に突起のないナローなノーズを採用していたトロ・ロッソだったが、STR13では先端に突起のあるワイド&ローなノーズを採用していることがわかる。また、コックピット保護デバイス『Halo』はマシンと同じブルーに塗装され、その上面にはフェアリングが搭載されているのが確認できる。

この日のトロロッソ・ホンダ STR13のシェイクダウンは、フィルミングデーを利用してのもの。ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーが走行を分担し、生憎のウェットコンディションのなか、ピレリのプロモーションタイヤを装着したSTR13で100kmの走行制限内でマシンのチェックを行った。

ピエール・ガスリーは「今日は新しいベーストをテストした! トロ・ロッソとホンダとの素晴らしいフィルミングデーだった。トラブルフリーな一日だ!! ジョークではない。バルセロナで会おう」と自身のTwitterで投稿している。

トロロッソ・ホンダはプレシーズテスト初日となる2月26日(月)にスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットで2018年F1マシン『STR13』を正式に公開する。

プレス向けのアナウンスによるとトロロッソ・ホンダ STR13のお披露目はチームのガレージ前で現地時間8時10分(日本時間1時10分)から開始。ドライバーを務めるピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーによってアンベイルが行われる。

トロ・ロッソは、昨季まで「スクーデリア・トロロッソ」として参戦していたが、2018年は親会社のレッドブルの名前を掲げ「レッドブル・トロロッソ・ホンダ(RED BULL TORO ROSSO HONDA)」のチーム名で参戦する。

画像 トロロッソ・ホンダ STR13関連:【動画】 トロロッソ・ホンダ、STR13のシェイクダウンを実施!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1