F1シンガポールGP
バーニー・エクレストンは、F1シンガポールGPを継続させるために働いていると述べた。

先日、バーニー・エクレストンは Auto Motor und Sport のインタビューで、F1シンガポールGPの主催者側が目標に到達したと感じており、これ以上カレンダーに残ることを望んでいないとの主旨の発言をしていた。

しかし、バーニー・エクレストンは「誰もがシンガポールに満足しており、我々はシンガポールを失いたくはない」と Straits Times にコメント。

議論の的となった Auto Motor und Sport での発言については「私の言葉がおかしな方向で受け取られた。私が言ったことはシンプルだ。まだ決定がなされていないということだ」と述べた。

「交渉は進行中であり、まもなくまとまるだろう。年末までにまとまるかはわからない。長期的に延長したいと思っている。どうなるか見守っているところだ」

関連:F1シンガポールGP、2017年で消滅の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1シンガポールGP | バーニー・エクレストン