ミハエル・シューマッハの2020年06月のF1情報を一覧表示します。

ミハエル・シューマッハ、2000年にライコネンとの契約をザウバーに助言

2020年6月26日
ミハエル・シューマッハ、2000年にライコネンとの契約をザウバーに助言 / F1回顧録
2000年にキミ・ライコネンのF1テストを見学していたミハエル・シューマッハは、“彼は大物になる”とザウバーF1のチーム代表であるペーター・ザウバーに助言していたと Blick は回顧する。

キミ・ライコネンは、わずか23戦のシングルシーター経験しかなかったが、勝率53%というパフォーマンスで注目を集めていた。その成績に注目したザウバーはムジェロにキミ・ライコネンを招待してF1マシンでのテストを実施した。

ミハエル・シューマッハのF1復帰は「彼ができた最も愚かな決断」

2020年6月22日
ミハエル・シューマッハのF1復帰は「彼ができた最も愚かな決断」
ミハエル・シューマッハの元マネージャーであるウィリー・ウェバーは、2010年にF1のレジェンドが下したF1復帰という決断は“愚か”でひどく退屈なものだったと振り返る。

F1で最多となる91勝、7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハは、2006年シーズンを最後に黄金時代を築いたフェラーリF1で引退を表明した。

シャルル・ルクレール=ミハエル・シューマッハ×キミ・ライコネン?

2020年6月10日
シャルル・ルクレール=ミハエル・シューマッハ×キミ・ライコネン? / F1ニュース
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーは、シャルル・ルクレールはキミ・ライコネンのスピードとミハエル・シューマッハの労働倫理を掛け合わせたようなドライバーだと語る。

ビート・ツェンダーは、シャルル・ルクレールのF1デビューシーズンとなった2018年にザウバーで仕事をしており、そこでの活躍が1年後にフェラーリF1がルクレールを昇格させるきっかけとなった。

ラルフ・シューマッハ 「兄の容態について今後も話すことはない」

2020年6月9日
ラルフ・シューマッハ 「兄の容態について今後も話すことはない」 / F1ニュース
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、兄であるミハエル・シューマッハの容態について今後もメディアに話すことはないと語る。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年末のスキー事故で脳挫傷を負っていこう、容態については秘密が保たれている。

ニコ・ロズベルグ 「シューマッハの加入を知らされたときは怖気づいた」

2020年6月1日
ニコ・ロズベルグ 「シューマッハの加入を知らされたときは怖気づいた」 / メルセデスF1
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1のチームメイトがミハエル・シューマッハになることを知ったときに、彼がチームを操ることになることを恐れていたとし、実際に7回のF1ワールドチャンピオンはチームで“神”のような存在だったと語る。

メルセデスは2009年末にその年のタイトルを獲得したブラウンGPを買収してワークス参戦を開始。ウィリアムズで4シーズンを過ごしていたドイツ人のニコ・ロズベルグは新生メルセデスF1チームのシートを獲得した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム