シャルル・ルクレール=ミハエル・シューマッハ×キミ・ライコネン? / F1ニュース
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーは、シャルル・ルクレールはキミ・ライコネンのスピードとミハエル・シューマッハの労働倫理を掛け合わせたようなドライバーだと語る。

ビート・ツェンダーは、シャルル・ルクレールのF1デビューシーズンとなった2018年にザウバーで仕事をしており、そこでの活躍が1年後にフェラーリF1がルクレールを昇格させるきっかけとなった。

「非常に良いシーズンだった。若者と再び仕事をするのは非常に興味深いシーズンだった」とビート・ツェンダーは語る。

「以前にもそのようなことは経験しているが、我々は非常に特別な姿勢をもったスペシャルなドライバーをニューカマーとして起用したのは長い年月のなかで初めてだった」

「これまでシャルルのようなドライバーは見たことがなかったし、いろいろと困難な時期に再び若者と仕事をするのは非常にやりがいのあることだった」

ザウバーで長年チームマネージャーとして仕事をしていたビート・ツェンダーは、スポーツカーのグループCで時代に同チームから参戦した際のミハエル・シューマッハ、2001年に同チームからF1デビューを果たしたキミ・ライコネンの才能とスキルに対する独別な洞察を得ることができた。

そして、シャルル・ルクレールは、彼ら二人と間違いなく同様の才能とスキルを持っているとビート・ツェンダーは語る。

「私にとって彼はスピードに関してはキミ・ライコネンであり、仕事をする姿勢という点ではミハエル・シューマッハかもしれないと常に言ってきた」とビート・ツェンダーは付け加えた。

「彼に良いマシンを与えれな、彼は間違いなくワールドチャンピオンになるだろう」

シャルル・ルクレールは、ミハエル・シューマッハやキミ・ライコネンと同じようにフェラーリF1へと到達。2024年までの長期契約を結び、フェラーリF1の将来として期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / キミ・ライコネン / ミハエル・シューマッハ