ニコ・ロズベルグ 「シューマッハの加入を知らされたときは怖気づいた」 / メルセデスF1
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1のチームメイトがミハエル・シューマッハになることを知ったときに、彼がチームを操ることになることを恐れていたとし、実際に7回のF1ワールドチャンピオンはチームで“神”のような存在だったと語る。

メルセデスは2009年末にその年のタイトルを獲得したブラウンGPを買収してワークス参戦を開始。ウィリアムズで4シーズンを過ごしていたドイツ人のニコ・ロズベルグは新生メルセデスF1チームのシートを獲得した。

ニコ・ロズベルグは、同じドイツ人のニック・ハイドフェルドとパートナーを組むことになると考えられていたが、F1を引退していたミハエル・シューマッハが3年ぶりにF1復帰するという衝撃的なニュースが発表された。

「シューマッハという名前は出てきてさえいなかった。誰もそれについて話をすることさえなかった」とニコ・ロズベルグはF1のYouTubeチャンネルで語った。

「すると突然ロス(ブラウン)から電話があり、『ところで、君のチームメイトはジェンソン・バトンやニック・ハイドフェルドではんく、ミハエル・シューマッハになるだろう』と言われた」

「『なんてことだ!』という感じだったね。『僕にはチャンスはない、チーム全体が僕に従ってくれず、ミハエルが思い通りに操ることになってしまう』という最もクレイジーなことを考えた」

「それに彼に匹敵できるのかさえわからなかった。『彼は史上最高のドライバーだし、僕にチャンスはあるのだろうか?』とね。かなりクレイジーな瞬間だった」

ニコ・ロズベルグは、チームメイトとして3シーズンにわたってミハエル・シューマッハを倒し、2012年のF1中国GPでは50年ぶりにメルセデスに勝利をもたらした。

しかし、ミハエル・シューマッハという存在がいたことで、メルセデスF1に加入するまで2回の表彰台しか獲得していなかったニコ・ロズベルグの声にチームが耳を傾けるのには時間がかかった。

「ミハエルがやってきたとき、彼はチームの神のようだった」とニコ・ロズベルグは語った。

「いくつかの戦略会議では、僕がそこに座っているのに、僕のストラテジストでさえ僕とではなくマイケルとだけ議論していた」

「だから、ストラテジストに会議でそうなっていることを話して、僕たちはそれを一緒に反省した。それは本当に大きな影響を及ぼし、それ以来、戦略会議は僕にとってはるかに良いものになった」

「はるかに快適に感じた。そして、最後は自分の不屈の精神を示し、自分の感情を表現することで、彼からその注目を自分に向けることができた」

ニコ・ロズベルグは、ミハエル・シューマッハは“心理的な戦士”だったと述べ、敵の頭に侵入するための小さな戦術が自然に行われていたと述べた。

「モナコのバスルームなど、非常に多くの例がある」とニコ・ロズベルグは語った。

「予選の5分前、ガレージにはバスルームが1つしかなかった。彼は僕が外に立っていることを知っていた」

「僕はパニックになって、そこにいるのが誰であっても出て行ってほしいと言って、狂ったようにノックした」

「そこにいたのは彼だった。ただ腕時計を見てリラックスして、僕の心にますますストレスが生じることを知っていた。そして、1分間で、彼はゆっくりと出てきて、『悪い悪い。君がそこにいることに気づかなったよ!』といった感じだった。その頃には僕は完全にパニックモードになっていた」

「それだけではない。もう一つの例として、彼はエンジニアリングルームをトップレスを歩き回り、彼のシックスパックを見せるのが好きだった。そこにいる全員を感動させることも強さの表明だった」

「彼の身体は彫刻のようだった。そういったことが繰り返された。そんな例が無限にあるよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / メルセデス / ミハエル・シューマッハ