ミハエル・シューマッハの2014年03月のF1情報を一覧表示します。

コリーナ夫人、ミハエル・シューマッハの自宅治療を準備

2014年3月30日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの妻コリーナが、昏睡状態の続くシューマッハの自宅治療を準備していると報じられている。

Daily Mail と Sun は、コリーナ夫人が、ジュネーブ湖近郊にある自宅で1700万ドル(約17億4700万円)をかけてメディカルスイートを手配していると報じた。

Daily Mail は、コリーナ夫人が「彼が目覚めることはありそうにない」と伝えられ、準備をし始めたと報道。

ミハエル・シューマッハのマネージャー、元F1ドクターの発言に反論

2014年3月27日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのマネージャーを務めるザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハの容体と回復について“非常に悪いニュース”が発表されるとの主張に反論した。

元F1ドクターのゲイリー・ハートスタインは、昏睡状態が12週以上続くミハエル・シューマッハが回復する見込みが「どんどん小さくなっている」と主張。

メルセデス、メルボルンでの優勝をミハエル・シューマッハに捧げる

2014年3月19日
ミハエル・シューマッハ
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、F1オーストラリアGPでのニコ・ロズベルグの優勝をスキー事故で昏睡状態にあるミハエル・シューマッハに捧げた。

2014年シーズン開幕戦での優勝後、トト・ヴォルフは「この優勝は我々にとっても非常に特別な意味がある。この優勝を今週末我々全員が思いを寄せていたミハエルに捧げたい」と述べた。

ミハエル・シューマッハ公式声明 「意識を取り戻すと確信している」

2014年3月12日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのマネージャー、ザビーネ・ケームは、最新のメディアの推測に応じて家族を代表して声明を発表した。

ザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハに近い人々は回復することを確信していると述べた。

「我々は、ミハエルが持ちこたえて、意識を取り戻すことを確信したままです」とザビーネ・ケームはコメント。

ミハエル・シューマッハ、体重が55kgまで減少との報道

2014年3月11日
ミハエル・シューマッハ、体重が55kgまで減少との報道
専門家の多くは、みんなが知っているミハエル・シューマッハは、おそらくもういなくなってしまっただろうと警告している。

Telegraph は、昏睡状態から10週間が経ち、ミハエル・シューマッハの家族がグルノーブル大学病院の医療チームから、彼を救うのは“奇跡のみだ”と伝えられたと報じた。

ミハエル・シューマッハ、回復は奇跡に近いとの声

2014年3月10日
ミハエル・シューマッハ
先週、ミハエル・シューマッハから人工呼吸器が外されたというポジティブなニュースが伝えられたが、家族に近いという関係者によると、容体は非常に厳しく、回復の可能性はごくわずかだという。

ミハエル・シューマッハの公式ニュースは制限されているが、家族に近い情報源は診断はネガティブなままだと明かした。

ミハエル・シューマッハ、人工呼吸器なしで呼吸との報道

2014年3月9日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、人工呼吸器なしで呼吸していると La Gazzetta dello Sport が報じた。

ミハエル・シューマッハのマネージャーを務めるザビーネ・ケームは7日、ミハエル・シューマッハの容態に関する非公式情報は“無効”だとする声明を発表。「ミハエルはまだ覚醒段階にあります。容体は変わっていません」と述べた。

ミハエル・シューマッハ、覚醒プロセスを継続

2014年3月7日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのマネジメントは声明を発表。現在もミハエル・シューマッハが覚醒プロセスを継続していることを明らかにした。

1月末、医師はミハエル・シューマッハを医学的に誘発された昏睡から覚醒させるためのプロセスを開始。その際は、プロセスは時間がかかる可能性があるとされており、その後もミハエル・シューマッハはフランスのグルノーブル病院に入院している。

バーレーン国際サーキット、ターン1を“ミハエル・シューマッハ”と命名

2014年3月2日
バーレーン・インターナショナル・サーキット
バーレーン・インターナショナル・サーキットのオーナーは、サーキットの1コーナーを“ミハエル・シューマッハ”と命名した。

昨年末のスキー事故で重傷を負って入院しているミハエル・シューマッハは、2004年に初開催されたバーレーンGPの初代ウィナーであり、いまだラップレコードを保持している。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム