ミハエル・シューマッハの2010年08月のF1情報を一覧表示します。

ルーベンス・バリチェロ、シューマッハから謝罪メールを受け取る

2010年8月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、ハンガリーGPでの危険なバトルについて、ミハエル・シューマッハから謝罪を受けたことを明かした。

ルーベンス・バリチェロは、ハンガリーGPでミハエル・シューマッハをオーバーテイクする際、シューマッハから厳しい幅寄せをくらった。

シューマッハは、自身のウェブサイトで謝罪文を掲載したが、バリチェロは個人的な謝罪は受けていないと語っていた。

ミハエル・シューマッハ 「ロズベルグのレベルで走れていない」

2010年8月27日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、現状ニコ・ロズベルグの“レベル”で走れていないと認めるが、状況を変えることができると確信していると語る。

3年ぶりにF1に復帰したミハエル・シューマッハだが、今シーズンはチームメイトのロズベルグに予選で10敗しており、チャンピオンシップでも56ポイント差をつけられている。

自分の方がロズベルグより速いと思っていたかと質問されたシューマッハは「すべて分かっている。実際、今のマシンの動き方を考えると僕は彼のレベルで走れていない。少なくとも予選はね」とコメント。

ミハエル・シューマッハ 「チームは今季マシン開発に集中できなかった」

2010年8月27日
ミハエル・シューマッハとロス・ブラウン
ミハエル・シューマッハは、ブラウンGP存続のための問題がメルセデスGPの2010年マシンの設計に影響を与えたと語る。

ブラウンGPだった昨年、チームはW01でチャンピオンシップ優勝を果たしたが、メルセデス・ベンツに買収されメルセデスGPとなった今年はコンストラクターズ4位と低迷している。

ミハエル・シューマッハ:F1ベルギーGPプレビュー

2010年8月20日
ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
ミハエル・シューマッハが、F1ベルギーGPへ向けての意気込みを語った。シューマッハはハンガリーGPでの危険行為によってスパでは10グリッド降格が決定している。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
「スパはいつだって大好きなレーストラックだし、その理由だけでもレースをするのを本当に楽しみにしている。最後にレースをしてからずいぶん経っているけどね」

ミハエル・シューマッハ 「不振はクルマのせい」

2010年8月16日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1復帰シーズンでスピードを得ることに苦労しているのでは、メルセデスGPの2010年マシンのせいだと主張している。

ミハエル・シューマッハは、12戦を終えた時点でチームメイトのニコ・ロズベルグに56ポイント差をつけられ、チャンピオンシップ9位にいる。

「もちろん、ポイントテーブルを見て満足することはできない」とミハエル・シューマッハは彼のスポンサーであるDVAGのインタビューで語った。

ルーベンス・バリチェロ 「シューマッハから個人的な謝罪はない」

2010年8月11日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、F1ハンガリーGPでの一件についてミハエル・シューマッハから個人的な謝罪を受けていないことを明かした。

ミハエル・シューマッハは、ハンガリーGPでの幅寄せについて謝罪したが、謝罪は公式サイトに掲載されたプレスリリースだけだとバリチェロは語る。

「電話はもらっていないよ」とバリチェロはコメント。

ラルフ・シューマッハ、兄ミハエルを擁護

2010年8月10日
ラルフ・シューマッハ
ラルフ・シューマッハは、兄であるミハエル・シューマッハを擁護した。

今年3年ぶりにF1復帰したミハエル・シューマッハのパフォーマンスにはこれまでも批判的な意見はあったが、ハンガリーGPでのルーベンス・バリチェロに対する幅寄せによって批判はさらに高まった。

その後、ミハエル・シューマッハは謝罪したが、心がこもっていない形式的なものだと非難の声もあがっている。

「シューマッハが黒旗やレース禁止を免れたのは運が良かった」

2010年8月3日
ミハエル・シューマッハ
F1ハンガリーGPでスチュワードを務めたデレク・ワーウィックは、本当はミハエル・シューマッハを失格にしてやりたかったと述べた。

ミハエル・シューマッハは、F1ハンガリーGPで元チームメイトのルーベンス・バリチェロに幅寄せし、ホームストレートでウォール間際まで追いやった。

レース後、シューマッハにはベルギーGPでの10グリッド降格ペナルティが科せられた。

ミハエル・シューマッハ、バリチェロに謝罪

2010年8月3日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1ハンガリーGPでのドライビングについてルーベンス・バリチェロに謝罪した。

ミハエル・シューマッハは、ルーベンス・バリチェロからポジションを守るためにメインストレートでバリチェロに幅寄せ。次戦ベルギーGPで10グリッド降格ペナルティを科せられた。

レース後、ルーベンス・バリチェロはシューマッハのドライビングを激しく非難したが、シューマッハは「何も間違ったことはしていない」と述べていた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム