ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1ハンガリーGPでのドライビングについてルーベンス・バリチェロに謝罪した。

ミハエル・シューマッハは、ルーベンス・バリチェロからポジションを守るためにメインストレートでバリチェロに幅寄せ。次戦ベルギーGPで10グリッド降格ペナルティを科せられた。

レース後、ルーベンス・バリチェロはシューマッハのドライビングを激しく非難したが、シューマッハは「何も間違ったことはしていない」と述べていた。

しかし、ミハエル・シューマッハは月曜日、スチュワードの裁定には納得しており、バリチェロに謝罪したと述べた。

「昨日のレース直後、僕はまだ戦闘モードだった。でも、その後、再度ルーベンスとの一件を観た。スチュワードの裁定は正しかったと言わなければならない。彼に対しての動きは厳しすぎた」とシューマッハは自身のウェブサイトにコメントを掲載。

「彼が追い抜くのを難しくしたかった。僕は彼に抜かせたくないとはっきっり示したけど、・・・彼を危険にさらそうとしたわけではなかった。彼がそう感じていたらな申し訳なく思っている。そのような意図はなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | ルーベンス・バリチェロ