ミハエル・シューマッハとロス・ブラウン
ミハエル・シューマッハは、ブラウンGP存続のための問題がメルセデスGPの2010年マシンの設計に影響を与えたと語る。

ブラウンGPだった昨年、チームはW01でチャンピオンシップ優勝を果たしたが、メルセデス・ベンツに買収されメルセデスGPとなった今年はコンストラクターズ4位と低迷している。

ミハエル・シューマッハは、「ロス(・ブラウン)は昨年、チームを将来を確保することなど、他のことでかなり忙しかった。だから(2010年)マシンの開発に完全に集中することができなかった」と Auto Motor und Sport にコメント。

「満足はしていないけど、この状況を我慢することはできる。理由を認めなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / ブラウンGP / メルセデス