アンドレッティ、F1アメリカGPでザウバーとF1チーム買収について交渉?
アンドレッティ・オートスポーツのオーナーであるマイケル・アンドレッティが、オースティンで開催されるF1アメリカGPでザウバーの代表と会い、アルファロメオF1チームの買収について交渉すると報じられている。

マイケル・アンドレッティは今年8月、適切な価格で適切な機会が訪れた場合、アンドレッティ・オートスポーツの活動をF1に拡大することに関心を示していた。

この動きを支援するために、特別目的買収会社であるAndretti Acquisition Companyは、昨年2月に米国証券取引委員会に新規株式公開で最大2億5000万ドルを調達するよう申請した。

アンドレッティは、ハースF1チームと予備会談を行ったと考えられているが、当時はウィリアムズにも目を向けていた。

しかし、その後、アンドレッティの焦点はザウバーに移り、Andretti Acquisition はザウバーの持ち株会社であるIslero Investmentsの80%の株式を取得することになるという。

だが、金曜日のイスタンブールパークで、アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、アンドレッティの潜在的な関与について洞察を持っていなかった。

噂について質問されたフレデリック・ヴァスールは「正直なところ、それは私の領域ではないので、私は何も言うことができない」と語った。

「私はCEO兼チームプリンシパルであり、この種の話し合いは私とではなく、株主との話し合いになる」

「噂などが多いが、皆さんは会社の株主に質問しなければならない」

The Raceのレポートによると、Andretti Autosport-Herta IndyCarのスポンサーであるGainbridge(金融商品へのアクセスを提供するデジタルプラットフォーム)が、今後の取引に関与する可能性があるという。

ザウバーは今年初めにアルファロメオとのF1での商業的パートナーシップを拡大したが、アンドレッティによるチーム買収がアルファロメオのF1への関与に何らかの影響を与えるかどうかも定かではない。

現在、アンドレッティ・オートスポーツは、インディカーの他に、フォーミュラE、インディ・ライツ、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権へのLMP3エントリー、オーストラリアスーパーカーでのザク・ブラウンのユナイテッド・オートスポーツとのパートナーシップ、エクストリームEが含まれる。

「F1に参加することは、マイケルとチームにとってしばらくの間、関心があり、我々は何年にもわたって多くのオプションを模索してきましたが、現時点では報告すべき新しいことは何もありません」とナンドレッティ・オートスポーツの広報担当は語った。

「我々の情熱はあらゆる形態のレースであり、我々にはありえないなんてことはありません。アンドレッティの名前をF1に戻す適切な機会が訪れた場合、我々はそれに飛びつくでしょう」

「しかし、今のところ、その機会は我々のラップに落ちておらず、我々の焦点は7つの競争分野にあります」

アンドレッティとザウバーの間の今後の交渉は、アルファロメオF1が2022年の2人目のドライバーをまだ決定していない理由かもしれない。買収は、バルテリ・ボッタスの次のシーズンのチームメイトとしてのフレデリック・ヴァスールの選択に影響を与える可能性がある。

アンドレッティがアルファロメオF1チームを買収した場合、インディカーのフロントランナーであるコルトン・ハータが、F1スーパーライセンスポイントを獲得した場合、長期的にF1に移行する可能性を開くことにもなる。

コルトン・ヘルタは、今年のインディカーでアンドレッティ・オートスポーツに大きな感銘を与え、5月に長期契約を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオ・レーシング