ザウバー F1
ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、チームが今シーズン中にポイントを獲得することは可能だと考えている。

ザウバーは、F1オーストラリアGPでマーカス・エリクソンがQ2に進出。レースでは完走できなかったが、代役としてF1デビューを果たしたアントニオ・ジョビナッツィが、優勝したセバスチャン・ベッテルからは2周遅れだったものの、ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)を上回る12位でフィニッシュした。

レースは13名のドライバーしか完走しておらず、ザウバーにとっては期待外れなシーズンとなったが、モニーシャ・カルテンボーンは今シーズン中にポイントを獲得できる確信している。

「ポイントはまだ可能だと思っています」とモニーシャ・カルテンボーンは Autosport にコメント。

今年、ザウバーは1年落ちのフェラーリ製パワーユニットを搭載している。

「我々はこのエンジンを知っていまうし、その周辺のものも知っています。我々はシャシー側の強さに集中しなければなりません」

「たとえ、(2016年型エンジンが)不利であったとしても、我々はそれを補うためにベストを尽くしていきます。いくつかのレースでは不利かもしれませんが、それはわかっていたことです。他にチャンスのあるレースは間違いなくあります」

ザウバーは、2016年に2ポイントしか獲得できなかったが、モニーシャ・カルテンボーンは昨年から改善していると主張する。

「我々が前にいる一部のチームとのギャップを縮めているのは確かです。ですが、そのギャップをもっと小さくするために仕事をしていく必要があります」

「ペースはあります。とにかく事故を起こさず、予選をもう少しうまくやっていく必要があります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー