ザウバー F1モナコGP 予選
ザウバーは、F1モナコGPの予選で、フェリペ・ナスルが16番手、マーカス・エリクソンが18番手だった。

フェリペ・ナスル (16番手)
「後ろに近いスターティンググリッドにはもちろん落胆している。フリープラクティスセッションを振り返り、僕たちにとって難しいだろうことは全員がわかっていた」

「現時点では、僕たちは現在のパッケージの最大限に生かさなければなければならない。明日はちょっとした運河必要だけど、僕たちはモンテカルロにいるわけだし、以前のレースからここではどんなことでも起こり得ることはわかっている」

マーカス・エリクソン (18番手)
「僕たちにとって難しい予選だった。1回目のプラクティスセッションから低い路面温度でタイヤを働かせることに苦しんでいた。トラフィックはちょっと不運だったし、最終セクターでちょっとタイムを失ってしまった。でも、これはオナコの狭いストレイートでは起こり得ることだ。明日おレースではベストを尽くす」

関連:F1モナコGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / F1モナコGP