ザウバー F1モナコGP
ザウバーは、F1モナコGPでフェリペ・ナスルが17番手タイム、マーカス・エリクソンは午後に走行することができなかった。

フェリペ・ナスル (17番手)
「僕たちにとって簡単な一日ではなかった。午前中はフロントタイタをきちんと働かせるのが難しかった。それは低い気温、そしてダウンフォース不足にも影響を受けた」

「FP2では雨が降り始める前に数周したくらいだ。現時点での僕たちのメインの制限はトラクションが多くないことだ。土曜日にむけてそこを改善させる必要がある」

マーカス・エリクソン (20番手)
「午前中のセッションではセットアップ面に懸念があった。望んでいたほど多くのラップを走り込むことができなかった。でも、運転した走行距離はザウバー C34 フェラーリのスピードを信頼性を前進させてくれた。午後のセッションの開始時にERSに問題が発生して、2回目のフリープラクティスセッションは終わってしまった。それは残念だけど、雨によって不利な部分はかなり制限されている。いずれにせよ、多くのラップは可能ではなかった。週末を楽しみにしている」

関連:
F1モナコGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム
F1モナコGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / F1モナコGP