ザウバー
ザウバーによるギド・ヴァン・デル・ガルデをF1オーストラリアGPに出走させなければならないという判決への控訴は退けられた。

ビクトリア州最高裁判所は11日(水)午前、ザウバーが2015年のレース契約に違反しているとのギド・ヴァン・デル・ガルデの訴えを認める判決を下し、ザウバーにギド・ヴァン・デル・ガルデの出走を求めたが、ザウバーはこれを不服として控訴していた。

しかし、ビクトリア州最高裁判所はザウバーの控訴を棄却。以前の判決を有効とした。

木曜日の裁判所の声明には「公判裁判官の理由に誤りは見当たらず、訴えは退けられる」と記された。

ザウバーは、訴えの一部として、2015年F1マシンに不慣れなドライバーを走らせることの安全面のリスクを主張していたが、これも法廷では退けられた。

「観察する裁判官として、これらのイベントは非常に管理されており、要求される全ての安全性に応じられると我々は確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / ギド・ヴァン・デル・ガルデ