ザウバー C30
Sauber C30
ザウバーの2011年F1マシン「C30」。C30は、フェラーリ製のエンジン、ギアボックス、そしてKERSを搭載する。

ザウバー C30は、昨年マシン「C29」をアグレッシブに進化させた。従来通りのハイノーズはよりグラマラスな形状となり、サイドポッド下側が大胆にえぐられたサイドエアインテークのサイズも縮小。よりコンパクトに絞りこまれたリアエンドにはブロウン・ディフューザーが組み込まれている。

昨年は真っ白なマシンだったザウバーだが、今年はテルメックスをはじめとした多数のロゴがC30に掲載されている。資金面の充実と組織面の安定により、上位入賞が期待できるF1マシンに仕上がっている。

ザウバー C30 主要諸元

シャシー構造カーボンファイバー・モノコック
サスペンションダブルウイッシュボーン(フロント/リア)、スプリング&ダンパー内蔵、プッシュロッド付(ザックス・レース・エンジニアリング製)
ブレーキ6ピストン・キャリパー(ブレンボ製)、カーボン製パッド&ディスク(ブレンボ、カーボン・インダストリー製)
トランスミッションフェラーリ製縦置7速クイックシフト・ギヤボックス、カーボンファイバー製クラッチ
シャシー・エレクトロニクスMES製
KERSフェラーリ製
ステアリングザウバーF1チーム製
タイヤピレリ Pゼロ
ホイールOZ製

ディメンション

全長4,935 mm
全幅1,800 mm
全高1,000 mm
トレッド1,495 mm(フロント)
1,410 mm(リア)
総重量640 kg (ドライバーを含む。燃料タンクは空状態)

エンジン諸元

エンジンフェラーリ 056
タイプ自然吸気V8エンジン
バンク角90度
排気量2,398 cc
バルブ数32
バルブ駆動圧搾空気式
シリンダーブロックアルミニウム
総重量95 kg

ザウバー C30 (フロント)ザウバー C30 (画像) ザウバー C30 (リア)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | F1マシン