佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第9戦 テキサスの決勝レースをピットイン時のミスによって15位で終えた。

ポールポジションからスタートした佐藤琢磨は、スタートでポジションを守ってレースをリード。だが、62周目のピットインでミス。“ピットが見えなかった”という佐藤琢磨は、通常よりも20マイル速いスピードでピットに入ってクルーとタイヤ交換のケーブルを跳ねてしまう。

そこで大きくタイムをロスしてほぼ最後尾まで後退。最終的に3周遅れの15位でレースをフィニッシュした。

「アクシデントというよりも完全に自分のミステイクですね。ピットが見えなかったんですね。光がちょうど入ってきたというのもありますけど、ピットを見過ごしてしまって、全力で止めようとしたんですけど、オーバーシュートしちゃいました」と佐藤琢磨はコメント。

幸いにもクルーに大きな怪我はなかったという。

「大事なクルーを危うく怪我させてしまうところだったんで、非常に素晴らしいクルマをつくってくれたクルーたちに申し訳ない気持ちでいっぱいです」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | インディカー