佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、インディカー 第7戦 デトロイトGPの初日のフリー走行を総合15番手で終えた。

デトロイト・ベルアイランドの市街地コースで行なわれたデトロイト・グランプリのフリープラクティスにおいて、午前中に行なわれたFP1で1分17秒6555をマークして10番手となった佐藤琢磨は、午後のFP2で15番手タイムとなる1分16秒7481を記録。1日の総合でも15番手となった。

この日はさらにウォームアップも行なわれ、ここで佐藤琢磨は1分17秒6851のラップタイムにより15番手となりました。

佐藤琢磨
「タフな1日でした。デトロイトはいつでも楽しいと思える街ですね。コースはシリーズ中、もっともバンピーで、ファンはとても熱狂的なうえにレースのことをよく理解しています。インディ500の勢いをそのまま持ち込みたいと思っていましたが、僕のマシーンは今日、少し苦しみました。新しい解決策と方向性を見つけなければいけません。僕たちはプログラムを分担しており、No.15のほうが好調に思えるので、今晩はマシンをよくするために大仕事をこなさなければならないでしょう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | インディカー