佐藤琢磨  トロ・ロッソ
佐藤琢磨の3度目のトロ・ロッソでのテストが10日(火)、スペインのヘレス・サーキットで始まった。

この日佐藤琢磨は、セバスチャン・ブルデーから午後にシートを引き継ぐ予定になっていた。しかし、昨日の雨により午前中は路面が湿っており、路面状況が良くなかったため、セバスチャン・ブルデーは予定よりも長くコース上での作業を実施した。

それにより、佐藤琢磨はこの日、90分のみの走行に留まった。

しかし、佐藤琢磨はすぐにペースを発揮し、ロングランやセットアップ、さらに2009年のスリックタイヤテストでパフォーマンスを見せた。

最終的に37周を走行した佐藤琢磨は、この日81周を走行したセバスチャン・ブルデーのタイムを100分の7秒上回る1分18秒601を記録。力強いパフォーマンスをアピールした。

佐藤琢磨は、ヘレステスト最終日となる明日は、1日フルで走行を行う予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | トロ・ロッソ