ダニエル・リカルド 「レッドブルF1が2023年の非常に可能性が高い場所」
ダニエル・リカルドは、2023年にサードドライバーの役割でレッドブルに加入する可能性が高いことを認め、F1からの“休憩”が必要なため、グリッドのさらに下位のフルタイムのレースシートよりもそのポジションに満足していると語った.

8回のレースウィナーであり、F1でビッグネームの1人であるダニエル・リカルドは、マクラーレンとの契約を1年早く解消。2023年のグリッドから外れることになるが、2024年に復帰するためにF1にある程度関与させ続けるための契約が最終決定されようとしている。

レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナー、ダニエル・リカルドがサードドライバーとしてチームに戻る予定であり、彼の職務には、ショーランやその他のマーケティング活動、および特定のレースのシミュレーター作業が含まれる可能性が高いと語っており、今ではリカルド自身もその可能性を認めている。

空席が少ないにも関わらず、ダニエル・リカルドが望めばF1シートを獲得することもできたかもしれないが、33歳のリカルドはリセットする機会を歓迎している。

「来年はレースシートから少し離れたいと思っていた。自分が競争から離れたいと思っていることが分かった」とダニエル・リカルドはF1アブダビGPで語った。

「明らかに、過去数年間は苦戦してかなり疲れていたので、夏休みの直後に、それが僕が望んでいたことであり、僕にとってどうするのがベストであるかは明らかだった」

「それで『OK、次のベストなことを何だろう?』と考えれば考えるほど、トップチームにある程度関わることが好ましいことは明らかだった」

ダニエリ・リカルドは、離れている時間にその考えが変わる可能性があるが、2024年に競争力のあるシートでF1に戻ることを望んでいると認める。

「それは火に油を注いで、僕をハングリーにして、これまで以上にモチベーションを高めるか、もしくは『こうすることが正しいかった』となるかだろう。そのケースでは...僕は本当に幸せでなければならないけどね」

ダニエル・リカルドは、レッドブルとの交渉が進む前に、メルセデスのリザーブの役割と強く結びついていたが、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、彼が8レース中7勝した“ホーム”であるチームに戻りたいと理解している。

ダニエル・リカルドは2018年末にレッドブルを去り、当時のチームに衝撃を与えた。

「議論はあった」とトト・ヴォルフはダニエル・リカルドについて語った。

「彼はスーパーガイだ」

「ダニエル・リカルドはレースカーに属しているので、彼がコックピットにいないのは残念だ。なぜマクラーレンでの数年間がこれまでのようにうまくいかなかったのか、誰も理解していない」

「基本的には、自分たちが何をしたいのかを理解するのに時間が必要だったと思う。レッドブルは長い間彼のホームだった。彼はそこにいる人々を知っているし、そこで彼が良い取引ができることを願っている」

レッドブルとの契約はまだ調印されていないが、ダニエル・リカルドはマクラーレンとの最後のレースの後、Sky Sports F1に移籍の可能性は「非常に高い」と語った。

「それは僕にとって非常に可能性の高い場所だ」と彼は Sky Sports に語った後、レッドブルと話していることを確認した。

「物事が承認されるまで100%とは言えないけど、それが今最も近いものであることは間違いない。それを楽しみにしている」

「でも、それが発表された場合、24レースすべてに行くことはない。それならまだグリッドにいた方がいい」

「まだ自分自身のために少し休みが必要であり、少し離れる必要があることをクリアになったけど、ある程度は周りにいて、関与し続けようとしている」

ダニエル・リカルドはまた、マクラーレンでの苦労についても打ち明けた。

「確かに、より快適に感じるレースがいくつかあった」とダニエル・リカルドは語った

「困難、苦闘はそれが僕を勇気づけてくれた。そして、突然、1 週間後、僕たちは元の場所に戻ってきた。未知の矛盾が、それを非常にトリッキーにしたけど、夏休み以来、いくつか素晴らしいレースができたことを満足している」

「見通せる力を学んだ。競争に捕らわれるのはとても簡単だ。僕たちは競争に多くの時間を費やすけど、うまくいかないときは簡単に怒り、イライラし、苦々しくなる。本当に愛しているものに対して、非常に多くのネガティブな感情を抱いてしまう」

「見通せる力のおかげで、僕は幸せと感謝を維持することができた。あなたにはあなたの日々があるけど、僕たちが愛することをする特権だ。とても楽しいスポーツだ。環境、旅行、出会うすべての人々。人生で何をするにしても、感謝はあなたを前進させるのに大いに役立つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル