元F1王者デイモン・ヒル 「ダニエル・リカルドのペースはどこにいった?」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、F1チームのマネージャーたちは、ダニエル・リカルドのキャリアを延長する前に彼がまだ十分に速いかどうかを自問するだろうと語る。

ダニエル・リカルドの将来は、契約の最終年だった2023年を残してマクラーレンF1チームから追放された後、流動的な状態にある。

マクラーレンは代わりに、リカルドと同じオーストラリア人のルーキーあるオスカー・ピアストリにランド・ノリスのチームメイトとしてF1デビューっするチャンスを与えることを選択した。

ドライバー市場が急速に進化する中、来シーズン、ダニエル・リカルドがグリッドに留まる選択肢は尽きつつある。したがって、リカルドは、2024年にF1に戻ることを期待して、リザーブドライバーとして契約する可能性があるという報道がある。

だが、デイモン・ヒルは、33歳のダニエル・リカルドが現在のペースが、まだトップドライバーとして十分な力を持っているというイメージを保つことができるかを疑問に思っている。マクラーレンでのダニエル・リカルドの1年と3/4は、2021年のF1イタリアGPでの衝撃的な勝利を除けば、定期的にランド・ノリスの方が優れた成績を収めている。

「ダニーは我々のスポーツにとって非常に素晴らしいキャラクターであり、快活でいつも笑顔だったが、何かがうまくいかなかった」とデイモン・ヒルは Sky F1 で語った。

「マクラーレンでの彼のペースだけでなく、競争力のある車に乗るための戦略においても。何かが割れ目から落ちた。彼がどこかでバラの匂いを嗅いで戻ってきて、前線に戻ってくることを願っている」

ダニエル・リカルドが2023年を完全にオフにするか、それともリザーブドライバーとしてチームに所属することがベストかを質問されたデイモン・ヒルは「それにはいくつかの論理があると思う。 少なくともトップチームに所属していれば、たとえ控えにいて適切な機会を待っていたとしても、おそらく、潜在的に別のチームに役立つ情報を手に入れることができる」と語った。

「しかし、すべてのチーム、彼を見ているすべてのチームマネージャーは『ペースはどこに行った? それは戻ってくるのか?』と』と尋ねるだろう。そして、そこは大きな疑問符だ。我々には分からない」

元F1王者 デイモン・ヒル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン