マクラーレンF1の早期契約解除はダニエル・リカルド側だけに決定権
ダニエル・リカルドのマクラーレンのF1シートは当初考えられていたよりも安全かもしれない。マクラーレンF1との契約解除条項をトリガーする“オプション”を持っているのはリカルド側だけだと報じられている。

ダニエル・リカルドは2023年シーズンの終わりまでマクラーレンF1チームと契約しているが、チームメイトのランド・ノリスとの対戦に失敗し、厳しい監視下に置かれている。

今シーズン、まだ1回のトップ10フィニッシュしか果たせていないダニエル・リカルドはプレッシャーに晒されており、ザク・ブラウンの最近の発言によってそれは軽減されていない。

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドが「期待に応えられていない」と言っただけでなく、3年が経過する前に取引を終了したい場合の「メカニズム」があるとメディアに語った。

しかし、The Raceのスコット・ミッチェルは、契約を早期に終了することを選択できるのはマクラーレンではないと説明した。

「ブレーク条項をトリガーするオプションを持っているのはリカルドだ。したがって、リカルドの2023年の契約が展開されるかどうかは、彼次第のようだ」

「少なくとも、彼は選択したようだ。 そして、マクラーレンが彼をどのように扱っているか、また、彼が物事を好転させるのを助けるために注いでいる努力について、彼がこれまでのところ悪いことを言っていないことは注目に値する」

「リカルドがマクラーレン内でどのように感じているかが彼の決定を知らせるので、それが重要となる」

「マクラーレンは最後まで頑張ろうと決心するか、これはうまくいかず、リカルドが去った場合に最善の利益になると結論付けるかどうかだ。その後、リカルドにそうするように勧めようとする可能性がある」

ダニエル・リカルドは、2023年に契約を結んでいると言う以外に、彼の考えがどこにあるかについては何も示していないが、現時点では事態が厳しいことを認めている。

「今のところ、それを実現し、自分の車を限界まで押し上げ、自分自身を解放するにはまだ少し難しさがあるし、格闘している」とダニエル・リカルドは語った。

「だから、今は本当に突き崩し続けようとしているだけだ。僕も昨年から学ぼうと思っている」

「これは残念ながら12か月前から知られている領域だ。このような状況でうまくいったことや、振り返って、おそらく違ったやり方でやったかもしれないと言うこともあると思う」

「それが僕がトライしている場所であり、より生産的な方法で攻撃していくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン