「ダニエル・リカルドのマクラーレンでの時間は終わった」と元F1王者
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャックヴィルヌーヴは、ダニエル・リカルドのマクラーレンとの戦いは終わり、チームは「メディアの準備」をしていると考えている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、マクラーレン・レーシングのCEOのザク・ブラウンからの最近のコメントは、ダニエル・リカルドをシートから外すための策略がすでに行われていることを示していると語る。

ザク・ブラウンは、チームメイトのランド・ノリスが扁桃炎に苦しみながらも8位でフィニッシュしたスペインでの低調なパフォーマンスの後、ダニエル・リカルドの残念なシーズンのスタートと、チームの期待に応えられていないことについて語った。

また、マクラーレンがダニエル・リカルドを外したい場合、契約にどのような条項があるかについても話している。

マクラーレンは2022年にこれまでに59ポイントを獲得しており、そのうち48ポイントはランド・ノリスが担当している。つまり、ダネル・リカルドはチームメイトの合計の4分の1未満しか獲得していない。

ダニエル・リカルドは、モナコの週末に、マクラーレンに2023年まで残留する契約にサインしていることを明らかにしている。

ジャック・ビルヌーブは、これらの声明が公に行われているという事実は、関係がすでに終わっていることを示していると考えている。

「ダニエル・リカルドのマクラーレンでの時間は終わった」とジャック・ビルヌーブはFormule1.nlのコラムに書いた。

「CEOのザク・ブラウンは現在、彼の契約には条項があると言っている。これは、ほぼ決定が下されたことを意味している。それはドライバーにプレッシャーをかけ、メディアを準備する方法だ」

ダニエル・リカルドはモナコグランプリを13位で終え、ランド・ノリスは6位入賞を果たした。ジャック・ヴィルヌーブは、ダニエル・リカルドはマクラーレンに何の価値ももたらさなかった高価なミスだったと語った。

「結局のところ、彼はチームに多額の費用をかけた高給のドライバーだった」とジャック・ヴィルヌーヴは語った。

「彼はポイントをもたらさず、チームが車を開発するのに必要なスピードを持っていない。だから、彼は彼らにお金を犠牲にしているだけだ」

「リカルドの給料を払い続け、彼を自宅のソファに座らせ、別のドライバーを車に乗せたほうが彼らにとっては安いだろう。厳しい現実だが、それがF1だ」

ダニエル・リカルドが交代した場合、マクラーレンは、F1への切り替えと密接に関連しているアメリカ人ドライバーのコルトン・ハー、もしくは、現役F2チャンピオンのオスカー・ピアストリに契約する可能性が噂されている。

オスカー・ピアストリは、現在アルピーヌF1のプログラムの一員であり、チームのリザーブドライバーを務めているが、ピアストリを試すためにシートが空いていないことを考えると、アルピーヌF1はマクラーレンに彼を貸し出すのに適している可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / ジャック・ヴィルヌーヴ