マクラーレンF1のダニエル・リカルド、モンツァでの勝利は 「レッドブル離脱を価値があるものにした」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1イタリアGPでの勝利はレッドブルを離脱したことを“価値あるものにした”と振り返る。

ダニエル・リカルドは、2018末にレッドブルを離脱してルノーに移籍したが、勝利には手が届かなかった。だが、マクラーレンに移籍した今年、元チームメイトのマックス・フェルスタッペンがクラッシュによって戦線離脱したF1イタリアGPで3年ぶりの優勝を果たした。

F1ロシアGP前の記者会見では、ダニエル・リカルドとの会話は論理的にはまだF1イタリアのGPについてが多かった。

数年前にレッドブルを離れたことが正しい選択だったかと質問されたダニエル・リカルドは「モンツァでの勝利は、実際にそれだけの価値があるものだったと思う」と答えた。

「他のチームで達成していたので、表彰台の最上段に戻れたのはとても素晴らしい気分だった。ついにそれを達成でき、またマクラーレンのようなチームと一緒に達成したことにはある種の誇りを感じる。それはとても意味があることだし、もう一度それを感じることができたのは素晴らしいことだった」

ダニエル・リカルドは、2021年シーズン序盤に他の移籍組に対して新チームのマシンに大きく苦戦した。

しかし、ダニエル・リカルドは決して自信を失うことはなかったと語る。

「2018年のモナコGPがF1での最後の勝利であり続けるかどうか疑問に思ったことはない。今年ではないに死ねもね。近年、ルノーでは勝ってはいないけど、2020年に表彰台に上がれたこともとても嬉しかった」

「ルノーを表彰台に戻すこと先立っての目標だったし、最終的にはうまくいった。そのような瞬間は大きな満足を与えてくれるものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / マクラーレン