ダニエル・リカルド 「まだマクラーレンのF1マシンのブレーキに適応中」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンのF1マシンのブレーキをまだ攻略できていないが、自身のトレードマークとなっているレイトブレーキングのオーバーテイクをすぐに炸裂させられるようになると考えている。

ダニエル・リカルドは、素晴らしいオーバーテイカーとして有名であり、ブレーキの限界でマシンをコントロールして、多くのライバルを捕らえてきた。

しかし、トレードマークである動きを成功させるにはブレーキに完全に慣れる必要がある。ダニエル・リカルドは、まだプレシーズンテストでマクラーレンのF1マシンでそれを実現できなかった。

ブレーキに順応するために時間をかけることは以前の所属チームであるルノーでも直面した問題だった、しかし、最終的にダニエル・リカルドはアグレッシブにオーバーテイクを仕掛けることができるようになっている。

今シーズン、マクラーレンF1に移籍したダニエル・リカルドは、同様の学習プロセスを経ている。

マクラーレンF1のブレーキについて「また違ったものなのは確かだ」とダニエル・リカルドは語る。

「だから、まだおそらくそれに適応しているところだ」

「レッドブルからルノー、そしてルノーからマクラーレンに移籍した今、ブレーキング適応する必要がある最大のことかもしれない」
「まだそこを攻略して、マシンの限界がどこにあるかを理解しようとしている段階だと思う。でも、全体的に過去数年のようにマクラーレンはブレーキングでかなり良いマシンを持っていたように思う」

「知識を得たら、かなり良いものになるはずだ。いくつかの良いオーバーテイクを見せられることを願っている。いくつかはレイトブレーキングでね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン