F1 ダニエル・リカルド、モンツァでの好成績は「ルノーのPUの進化の表れ」
ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPで4位というルノーがワークス復帰して以降でのベストリザルトを獲得できたのは、今年序盤からルノーのF1エンジンがいかに改善を果たしたかの表れだと語る。

過去数年間、ルノーのF1エンジンはモンツァのようなパワーサーキットで苦戦を強いられてきた。そのため、ルノーにとってF1イタリアGPでの結果は重要なものとなった。

ルノーは、ダニエル・リカルドが4位、ニコ・ヒュルケンベルグが5位でフィニッシュ。22ポイントを獲得してコンストラクターズ選手権4位のマクラーレンとの差を18ポイントまで縮めた。

過去数年間、レッドブルでルノーF1エンジンで戦ってきたダニエル・リカルドにとっても、4位はF1イタリアGPでの自身のベストリザルトとなる。

「今日のような日を待っていた」とダニエル・リカルドはコメント。

「モンツァでの僕のベストリザルトに並ぶし、ルノーでそれをできたのが素晴らしい。前方でバトルをしているのを見て、多くのポイントを獲得するチャンスがあると思った。自分にとってもチームにとっても本当にうれしい」

「パワーサーキットで、チームがF1に戻ってきて以来のベストリザルトとなる4位と5位になれたのはルノーと彼らのハードワークにふさわしい結果だ」

「レースペースはとても良くかったし、チームへのご褒美だ。今年待ち望んでいた結果だ。大満足だよ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー