F1 ダニエル・リカルド「ヒュルケンベルグがシートを見つけられることを願う」
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグが来季のシートを見つけられることを願っていると語る。

ルノーF1チームは、2020年のドライバーとしてエステバン・オコンと契約。ニコ・ヒュルケンベルグは今シーズン末でチームを去ることになった。ニコ・ヒュルケンベルグのニュースを聞いて驚いたかと質問されたダニエル・リカルドは「そうだね、ベルギーGP前には彼が出ていくという兆候はなかったからね」とコメント。

「彼の計画はまだ定かではない。もし、彼がF1でレースを続けたいなら、彼がシートを見つけることを望んでいる」

「彼はと一緒に仕事をするのは容易だったと言いたい。彼は多くの経験を積んでいて経験豊富だ。ある意味でナンセンスだ。『我々はここにいる、我々はレースに行く』と考えて、できるだけ多くの情報をチームに提供しようとしている。彼とはリラックスしたアプローチができていたし、今まではかなり楽だった」

ダニエル・リカルドは、シーズン終了前までにまだニコ・ヒュルケンベルグから学ぶことができると信じており、それまではお互いに“かなり激しく”プッシュすることを期待している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ヨーロッパF3とGP2での連続タイトルを含めたジュニアキャリアでの成功の後、大きな期待の中でF1に到着した。しかし、レースに勝てるマシンを手に入れることはできず、昨年、ドライバーズ選手権7位にがF1キャリアのベストフィニッシュとなっている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、来年ハースへの移籍が現実的な選択肢と考えられているが、F1キャリアは勝利だけでなく、表彰台にも上がることなく終わりを迎える可能性がある。

ダニエル・リカルドは、ニコ・ヒュルケンベルグが“トップ階層のドライバー”だと考えている。

「彼はジュニアカタゴリーのすべてで勝ってきたけど、F1ではトップシートを獲得したことはない。少しフラストレーションを抱えていると思うし、喧嘩腰になっているかもしれない。でも、それは今年彼が本当に良いパフォーマンスを発揮することに導いてくれるだろう」とダニエル・リカルドは語る。

「今、自分がチームに加わって、彼が僕を倒しても『まあ、彼はレースに勝てるドライバーだからね』と納得できる。だから、彼は今年最高の結果を出して、彼ができると感じていることを人々に思い出させようと考えていると思う」

「最初のいくつかのレースでそれを目にしたし、僕にとってはまだクルマを学び、それをうまく理解するためにやることがたくさんあった」

「だから、彼が最初の数戦でかなり速くても驚かなかったし、『ああ、やらなければならないことが少しあるな』という感じだった。そこから僕は勢いをつけ始めたけど、それ以降は行ったり来たりしている」

「でも、そうだね、彼は速い。テクニックに関しては、いくつかの分野でマックス(フェルスタッペン)とのいくつか類似点がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / ニコ・ヒュルケンベルグ